ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity Photo】モノクロイラストの色をグラデーション状にする方法

Affinity Photo

今回はAffinity Photoでモノクロイラストの線画をグラデーションにする方法をお届けします。

この方法を使うとイラストの線画やべた塗りした部分がグラデーション状になります。

【Affinity Photo】モノクロイラストの色をグラデーション状にする方法

また、線画以外の任意の箇所に色を入れることもできます。

モノクロイラストがユニークな雰囲気に変わって面白いですよ。というわけでさっそくやってみましょう。

Affinity Photoの記事一覧

方法

まずは線画を抽出しよう

1.Affinity Photoで任意のモノクロイラストを開きます。

任意のモノクロイラスト

 

レイヤー構成は次の通りです。

レイヤー構成

 

画像を開いたときに、レイヤーの右側にカギマークがついている場合は、これをクリックします。

レイヤーの右側にカギマーク

 

カギマークがない状態になればOKです。

レイヤーパネル

 

2.画像のレイヤーが選択状態になっていることを確認します。

レイヤーが選択状態

 

その状態で画面上部のメニューバーの「フィルター」から「カラー」を選択し、「白紙を消去」をクリックします。

フィルター

カラー

白紙を消去

 

3.すると、モノクロイラストの白い部分が一発で消去されます。

Affinity Photo 線画を抽出

これで線画の抽出ができました。では、さっそく線画やべた塗りの部分をグラデーションにしてみましょう。

線画やべた塗りの部分をグラデーションにしてみよう

1.レイヤーパネルで画像のレイヤーが選択されている状態で、パネル下部の「レイヤーエフェクト」アイコンをダブルクリックします。

「レイヤーエフェクト」アイコン

 

2.すると、レイヤーエフェクトを設定できるパネルが開きますので、左側メニュー下部の「グラデーションオーバーレイ」にチェックを入れて、このタブをクリックします。

グラデーションオーバーレイ

 

すると右側のパネルでグラデーションの設定ができるようになります。

グラデーションの設定

 

ここで設定した内容は、キャンバス上の画像にリアルタイムで反映されます。

キャンバス上の画像にリアルタイムで反映

全体の雰囲気をみながら調整していきましょう。色合いはあとから自由に修正できますので、この段階ではアバウトな色合いでもOKです。

 

4.お好みの色合いになれば完成です。

お好みの色合いになれば完成

さて、これで抽出した線画に色がついたわけですが、色がついていない部分は透明な状態になっています。

これはこれでよいのですが、透明部分の一部にあえて白などの色をいれるとユニークな雰囲気になることがあります。

たとえばこんな感じ。

任意の部分に色を入れる

肌と服の部分に白色を入れてみました。線画だけのときとはまた違った雰囲気になります。

というわけで、このやり方をみていきましょう。

スポンサーリンク

部分的に色を入れてみよう

ここでは例として、先ほどつくった線画に色をつけたものを使っていきます。

先ほどつくったレイヤー

 

レイヤー構成は次の通りです。

レイヤー構成

準備

1.線画のレイヤーが選択状態になっていることを確認します。

レイヤーが選択状態

 

2.その状態で、画面上部のメニューの「レイヤー」から「新規塗りつぶしレイヤー」を選択します。

レイヤー

新規塗りつぶしレイヤー

 

3.すると、キャンバス全体が作成した「塗りつぶしレイヤー」の色で塗りつぶされます。

塗りつぶしレイヤーで塗りつぶし

ここでは例として塗りつぶしの色を「白」にしていますが、任意の色でOKです。

「塗りつぶしレイヤー」で塗りつぶす色は、カラーパネルで設定できます。特に指定しない場合は、現在のカラーパネルで設定されている色で塗りつぶされます。

 

4.ここでレイヤーパネルをみてみましょう。「塗りつぶしレイヤー」がいちばん上に表示されています。

「塗りつぶしレイヤー」がいちばん上に表示

 

この「塗りつぶしレイヤー」を画像レイヤーの下にドラッグします。

レイヤー構成

 

「塗りつぶしレイヤー」が画像レイヤーの下になればOKです。

レイヤーパネル

 

この作業を行うと、「画像(線画)のレイヤー」が「塗りつぶしレイヤー」の上に表示されるようになります。

キャンバス上の表示

これで準備は完了です。さっそく作業をしていきましょう。

手順

1.レイヤーパネルで線画のレイヤーを選択状態にします。

線画のレイヤーを選択

 

2.ツールバーから「塗りつぶし選択ツール」を選択します。

「塗りつぶし選択ツール」

 

3.キャンバスの白い部分をクリックします。すると、線画のまわりに点線が表示されます。

「塗りつぶし選択ツール」

 

4.その状態のまま、レイヤーパネルで「塗りつぶしレイヤー」を選択します。

「塗りつぶしレイヤー」を選択

 

5.キーボードDeleteキーを押してみましょう。点線で囲まれていた背景部分が消去されます。

点線で囲まれていた背景部分が消去

 

6.さらに消したい部分があるときは同じ手順で行います。今回の例でしたら、脚の間に背景が残っていますのでこれを消してみます。

背景が残っている部分

 

レイヤーパネルで線画のレイヤーを選択します。

線画のレイヤーを選択

 

そしてツールバーの「塗りつぶし選択ツール」を選択して

「塗りつぶし選択ツール」

 

消したい部分をクリックします。

「塗りつぶし選択ツール」を使用

 

消したい部分が点線で囲まれればOKです。

選択範囲

 

点線で囲まれた部分を消すときは「塗りつぶしレイヤー」を選択します。

塗りつぶしレイヤーを選択

 

そしてキーボードのDeleteキーを押せば、その部分を消すことができます。

選択した部分を消去

あとはこの手順の繰り返しです。作業が終わったら、点線の表示を消しましょう。

点線の表示は、キーボードのCtrlDキーで消すことができます。

 

7.これで完成です。

作業完了

スポンサーリンク

色を修正したいときは

線画の色を修正したいときは、レイヤーパネルの画像の右に表示されている「レイヤーエフェクト」アイコンをダブルクリックします。

「レイヤーエフェクト」アイコン

 

レイヤーエフェクトを設定できるパネルが開き、何度でも色の修正ができます。

レイヤーエフェクト

 

また、「塗りつぶしレイヤー」を選択した状態で、カラーパネルで色を設定すると塗りつぶした部分の色を変更することができます。

「塗りつぶしレイヤー」を選択

 

ここでは例として白色から黄色に変更してみました。

「塗りつぶしレイヤー」の色を変更

このように、あとから何度でも修正できますので、いろいろと遊ぶことができます。

今回の記事で使ったツール

今回の記事で使用したツールは次の通りです。

【Affinity Photo】

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。

【Affinity Designer(イラストの制作に使用)】

Affinity Designer – プロフェッショナル向けのグラフィックデザインソフトウェア
Windows、Mac、iPadで使えるAffinity Designerは、デザインの世界に新たな業界標準を打ち立てた、受賞歴のあるベクターグラフィックスソフトウェアです。

今回はAffinity Photoでモノクロイラストの色をグラデーション状にする方法をお届けしました。よかったら参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました