ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity Photo】複数の画像に同じ処理をするなら「マクロ」が便利

Affinity Photo

今回は、Affinity Photoの「マクロ」機能を紹介します。

この機能は、複数の画像に同じ処理をするときに便利な機能です。

たとえば、複数の画像を

  • 全く同じ位置で切り抜きたい
  • 全く同じ補正をしたい

といった時にその効果を発揮します。

最初の1枚の作業を記録しておけば、2枚目以降はワンタッチで処理ができるというものです。

たとえば10枚の画像に同じ処理をしたい時でも、マクロを使えば2枚目以降はワンタッチでできてしまいます。とても楽ですよ。

Affinity Photoの記事一覧

Affinity Photo「マクロ」の概要

今回は例として、次の3枚のスクリーンショットを同じ位置で切り抜いてみます。

Affinity Photo「マクロ」の概要

複数の画像に同じ処理をする

複数の画像を同じ位置で切り抜く

メニューバーや操作パネルなどをカットして、画像部分だけを3枚とも同じ位置で切り抜くのが今回の目的です。

 

ワンタッチで全く同じ位置で切り抜くことができます

3枚ともこのように切り取りたいわけですが、手動でやると位置合わせが大変な作業です。枚数が多くなると、さらに手間のかかる作業になります。

……が、今回紹介する「マクロ」機能を使うと、1枚切り抜くだけでOK

1枚目の作業を記録してくれるので、2枚目以降はワンタッチで全く同じ位置で切り抜くことができます

今回は「切り抜き」を例にしますが、「画像の補正」や「シャープをかける」などの効果も同様に行うことができます。

つまり、

  • 1枚目の作業を記録する(手数が多くてもOK)
  • 2枚目以降はワンボタンで実行できる

のが、Affinity Photoのマクロ機能です。

Photoshopでの「バッチ」と似た機能です。というわけでさっそくやってみましょう。

スポンサーリンク

マクロ機能を使う手順

作業を記録してみよう

1.Affinity Photoで1枚目の画像を開きます。

1枚目の画像を開きます

 

2.画面上部のメニューバーの「表示」から「スタジオ」とすすみ、「マクロ」を選択します。

表示

スタジオ

マクロ

 

3.すると、画面の左サイドに「マクロ」というパネルが表示されます。

「マクロ」というパネル

 

4.さっそく1枚目の作業を記録してみましょう。マクロの録画ボタン(記録の開始)を押します。

マクロの録画ボタン(記録の開始)

 

5.画像を任意の箇所で切り抜きます。

1枚目の画像を処理する

今回は「切り抜き」を例にしていますが、トーンカーブや色調補正などの「画像補正」やシャープやぼかしなどの「効果」も記録することができます。

 

6.画像を切り取ると、マクロパネルに今行った処理が表示されます。

マクロパネルに今行った処理が表示

今回の例では「切り抜き」の1工程だけですが、工程はいくつあっても大丈夫です。

 

7.画像に対しての作業が終わったら、「記録の終了」ボタンを押します。

「記録の終了」ボタン

 

8.「ライブラリに追加」ボタンを押します。

「ライブラリに追加」

 

9.すると、「マクロの追加」というパネルがでますので、任意の名称をつけます。

「マクロの追加」

ここでは「切り抜き」という名前にしてみました。

 

10.すると、マクロパネルの横に「ライブラリパネル」が表示され、今記録したものが表示されます。

「ライブラリパネル」

これで作業の記録は終了です。

では、さっそく2枚目以降を処理してみましょう。2枚目以降はワンタッチで処理ができます。

ワンタッチで処理をしてみよう

1.2枚目以降の画像を開きます。

2枚目以降の画像を開きます。

 

2.ライブラリパネルで、先ほど記録した作業をクリックします。

先ほど記録した作業をクリック

 

3.1枚目と全く同じ位置で切り抜きができました。

1枚目と全く同じ位置で切り抜きができました

まさにワンタッチ。たったこれだけで、切り抜きができるのでとてもかんたんです。

ライブラリに記録したものはそのまま残りますので、いつでも使うことができます。

ライブラリに登録した作業を消去するときは

ライブラリに登録した作業を消すときは、該当の作業を右クリックします。

ライブラリに登録した作業を消す

 

すると、メニューが表示されますので「マクロの削除」をクリックします。

「マクロの削除」

これで登録した作業を消すことができます。

マクロやライブラリのパネルを非表示にする

マクロパネルやライブラリパネルを非表示にするときは、次のようにします。

画面上部のメニューバーの「表示」から「スタジオ」とすすみ、「マクロ」のチェックをはずします。

同様の手順で「ライブラリ」のチェックをはずします。これでどちらも非表示になります。

まとめ

今回はAffinity Photoのマクロ機能についてお届けしました。

1枚目の作業を記録しておけば、次からはワンタッチで同じ作業ができるのでとても便利です。ちなみに、作業は「ライブラリに追加」を押さないと記録されません。

録画を停止するだけでは記録されませんので、注意しましょう。

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。
スポンサーリンク
Affinity Photo
ゆずゆろぐ。の本が出ました!
ゆずゆろぐ。の本が出ました! 完全書きおろし、Amazonで販売中です。興味のある方はぜひどうぞ!
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。
タイトルとURLをコピーしました