ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity Photo】塗りつぶしレイヤーで明暗の片方だけに色を入れる方法

Affinity Photo

Affinity Photoでは、塗りつぶしレイヤーを使って画像やオブジェクトに明暗をつけることができます。

その方法をこちらの記事でお届けしました。

【Affinity Photo】塗りつぶしレイヤーを使って明暗をつける方法
今回はAffinity Photoで塗りつぶしレイヤーを使って明暗をつける方法をお届けします。 この方法を使うと、画像やオブジェクトにかんたんに明暗をつけることができます。 カゲの色やカゲが入...

今回はその応用編です。

Affinity Photoの記事一覧

今回の記事のポイント

【Affinity Photo】塗りつぶしレイヤーで明暗の片方だけに色を入れる方法

前回の記事では塗りつぶしレイヤーを使って明暗をつける方法をお届けしました。

【Affinity Photo】塗りつぶしレイヤーを使って明暗をつける方法
今回はAffinity Photoで塗りつぶしレイヤーを使って明暗をつける方法をお届けします。 この方法を使うと、画像やオブジェクトにかんたんに明暗をつけることができます。 カゲの色やカゲが入...

この方法を使うと、塗りつぶしレイヤーのグラデーションで設定した色が画像やオブジェクトに反映されます。

【Affinity Photo】塗りつぶしレイヤーで明暗を入れる

グラデーションの淡いほうが明暗の「明」になり、グラデーションの濃いほうが明暗の「暗」になるというわけですね。

……が、この方法をそのまま使うと、1つ問題点があります。

それは、明暗のどちらにも色が入ってしまうということです。

今回の例でしたら、グラデーションの淡い方を「」、濃い方を「濃い紫」にしていますので、次のようなイメージです。

明暗のどちらにも色が入ってしまう

そう、イラストにもそのままグラデーションが反映されるのですね。

上の画像のケースでしたら、イラストの明るい方には「白っぽい色」が乗り、暗い方には「紫っぽい色」が乗ります

――が、時には、明暗の両方に色を入れるのではなく、「明暗のどちらかだけに色を入れたい」こともあるかと思います。

というわけで今回は、「明暗の片方だけに色を入れる」場合の方法をお届けします。

スポンサーリンク

明暗の片方だけに色を入れる

今回は、画像やオブジェクトに塗りつぶしレイヤーで明暗を入れたところからの手順をお届けします。

前回までの工程

そこまでの手順はこちらの記事でくわしく解説しています。

【Affinity Photo】塗りつぶしレイヤーを使って明暗をつける方法
今回はAffinity Photoで塗りつぶしレイヤーを使って明暗をつける方法をお届けします。 この方法を使うと、画像やオブジェクトにかんたんに明暗をつけることができます。 カゲの色やカゲが入...

というわけで、さっそく明暗の片方だけに色を入れる方法をみていきましょう。

手順

1.画像やオブジェクトに、塗りつぶしレイヤーで明暗をつけます。

塗りつぶしレイヤーで明暗

2.レイヤーパネルで、明暗をつけるのに使った「塗りつぶしレイヤー」を選択します。 

「塗りつぶしレイヤー」を選択

 

3.その状態で、画面左のツールバーから「グラデーションツール」を選択します。

「グラデーションツール」を選択

 

すると、画面上部のメニューバーの下に「塗りつぶし」の色を設定できるパネルが出ますので、これをクリックします。

「塗りつぶし」の色を設定

 

4.グラデーションの色を設定できるパネルが開きます。色が明るい方の〇マークをクリックします。

グラデーションの色を設定

 

その状態で不透明度を0%にします。

不透明度を0%に

これで明るい方の色が透明になります。つまり、明暗が「透明~濃い紫」の範囲でのグラデーションになるわけですね。

 

5.キャンバスをみてみましょう。明るい方の色が透明になり、暗い方にのみ色が乗るようになりました。

明暗が「透明~濃い紫」

 

6.あとは画像の状態をみながら、お好みの雰囲気になるようにグラデーションの角度や位置を調整します。

お好みの雰囲気になるように調整

 

お好みの雰囲気になったら完成です。

お好みの雰囲気になったら完成

比較してみよう

では、「元画像」「明暗のどちらにも色を入れたもの」「明暗の片方だけに色を入れたもの」を比較してみましょう。

【元画像】

元画像

 

【明暗の両方に色を入れたもの】

明暗の両方に色

 

【明暗の片方だけに色を入れたもの】

明暗の片方だけに色

こうしてみると、違いがよくわかりますね。

状況に応じて使い分けてみるのがおすすめです。ちなみに今回は「明るい方の色」を透明にしましたが、同じやり方で「暗い方」を透明にすることもできます。

ぜひいろいろためしてみてください。

記事で使用したツール

今回の記事で使用したツールは次の通りです。

【Affinity Photo】

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。

 

【コミPO!】

コミPo! [ダウンロード]
ウェブテクノロジ・コム

 

【服装を増やすなら】

コミPO!本体で「服の数が物足りないなあ」と感じたときは、服装のデータが販売されています。

今回は、Affinity Photoで塗りつぶしレイヤーを使って、明暗のどちらか片方だけに色をつける方法をお届けしました。よかったら参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました