ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【レビュー】PILOTの万年筆「Cocoon(コクーン)」を購入してみました

文房具

新作の執筆に入ったのを機に、新しい万年筆を購入してみました。

PILOTの万年筆「Cocoon(コクーン)」です。

PILOTの万年筆「Cocoon(コクーン)」を購入してみました

カラーはブルー、ペン先はF(細字)にしました。

さっそくインキを入れて使ってみましたが、これは書きやすいですねえ!スルスルと気持ちよく筆がすすみます。

というわけで今回は、PILOTの万年筆「Cocoon(コクーン)」のレビューをお届けします。

PILOTの万年筆「Cocoon(コクーン)」

PILOTの万年筆「Cocoon(コクーン)」

コクーンは3,000円ほどで買える万年筆です。定価が3,000円+税なので、実店舗や通販ではもう少し安く買えたりします。

今回は、楽天の「シブヤ文房具」さんで購入しました。ゆうメール送料無料で2,310円と非常に安く買えるお店です。

シブヤ文房具さんで購入した万年筆

ただし、このプランの場合、「コクーン専用のプラスチックケース」がつきません。写真のような紙製のケースに入ってきます。

専用のケースが欲しい場合は、送料を500円追加して、配送方法を宅配便にする必要があります。

商品内容

シブヤ文房具さんで万年筆「コクーン」を購入

紙の簡易ケースを開けるとこんな感じ。コクーン本体と黒のインキカートリッジ、そして万年筆の説明書が入っています。

 

PILOT 万年筆 コクーン

ボディは曲線が特長的なデザインになっています。

コクーン本体に付属のインキカートリッジをセットすれば、すぐに使えます。

「好きな色のインキを入れてたのしみたい!」という場合は、カートリッジの代わりに、別売りの「コンバーター」という道具が必要になります。

万年筆 コンバーター「CON-40」

インクボトルからインキを吸い上げる道具です。コクーンの場合は、PILOTの「CON-40」というコンバーターを使います。

コクーンのデザインと仕様

PILOT 万年筆 コクーン

コクーンのボディは金属でできています。曲線が特長的で、コクーンの名の通り「繭(まゆ)」をイメージしたボディデザインになっています。

全長は、キャップをつけた状態で138mmほど、キャップをはずした本体のみだと125mmほどあります。

 

万年筆 コクーン キャップを後ろにつけたところ

キャップをはずしてボディの後ろにつけた場合は、全長が150mmほどになります。

ボディカラーの青は、光の加減で色合いが変わってみえます。軽快な青にみえたり、しっとりと落ち着いた青にみえたりと、いろいろな表情をみせてくれます。

 

万年筆「Cocoon(コクーン)」のペン先 ニブ

ペン先はこんな感じ。雰囲気があって、なかなかいい感じです。

ペン先の横の黒い部分はプラスチックでできています。

ちなみに、コクーンのペン先はPILOTの万年筆「カクノ(Kakuno)」と同じ金型を使っているといわれています。

が、「カクノとは書き味が違う」という声も多く、「ベースは同じでも、仕上げ方が違うのでは」といわれたりもしています。

そのあたりは、公式情報ではないのでなんともいえませんが、私が実際に書いた感じでは

  • あれ、書き心地がカクノよりなめらかだ
  • 紙に書くときの音(サラサラという音)も、カクノよりやわらかい

という印象を受けました。

いろいろな紙で書き比べてみましたが、これらはボディの重さや形状の違いからくるものではなく、やはりペン先(ニブ)になんらかの違いがあるじゃないかなあという気がします。

万年筆コクーンを使ってみよう

万年筆「Cocoon」分解

コクーンを使うときは、インキをセットする必要があります。そのため、まずはこのように分解します。

そして、ペン先のついているパーツに、インキカートリッジまたはコンバーターをセットします。

 

CON-40

今回はインキボトルのインキを入れたいので、コンバーターを使用します。コクーンに対応したコンバーター「CON-40」です。

 

コンバーターを装着 万年筆 コクーン

コンバーターをしっかりとセットします。これでインキボトルからインキを吸い上げられるようになります。

 

パイロット 色彩雫 月夜

今回は、色彩雫の「月夜」というブルー系のインキを入れてみました。とてもキレイで使いやすいインキです。

 

万年筆「Cocoon(コクーン)」の書き心地

さっそく書いてみました。スルスルと書けて、実にいい感じです。ペン先がやわらかく、気持ちよく筆がすすんでいきます。

コクーンのペン先は、F(細字)とM(中字)があります。

F(細字)は、ノートやレポートパッド、手帳などにオールマイティに使える太さです。日常的に使うのであれば、Fが使いやすいかと思います。

スポンサーリンク

コクーンを使ってみた感想

PILOT 万年筆「Cocoon(コクーン)」を使った感想

書き心地や使用感

コクーンを使ってみて感じるのは、ペン先の絶妙さ。ほどよいやわらかさがあり、とても書きやすいです。

万年筆はこれまでに「カクノ」、「LAMY safari(サファリ)」と使ってきましたが、タッチの面ではコクーンが最もやわらかい感じ。

紙にこすれる音もソフトで、非常にいい書き心地だと思います。また、先述しましたが、ペン先が同じといわれるカクノとは、書き心地がかなり違う感じ。

コクーンのほうがカクノよりもペン先がやわらかく、なめらかに書けるように感じます。

気持ちよく書ける万年筆「LAMY safari(ラミーサファリ)」レビュー
今回は私がよく使っている万年筆「LAMY safari(ラミーサファリ)」を紹介します。 万年筆というと、何やらむずかしそうなイメージがありますが、「LAMY safari」は普通のペンと同じような...

コクーンは重い?

万年筆 コクーン キャップを後ろにつけたところ

コクーンは時々「重くて書きづらい」といわれることがあります。

私も購入前は、その点がかなり気になっていました。

これまでに私が使ってきた万年筆は、PILOTの「カクノ」や「LAMY safari(サファリ)」。どちらもプラスチックボディで非常に軽い万年筆です。

が、コクーンは金属製のボディ。

私は筆記用具は軽量なものが好きなので、「ちょっと厳しいかなあ」と思って購入したのですが、実際に使ってみて「なるほど、そういうことか」とわかりました。

万年筆はキャップをはずしたあと、次の2つの使い方があります。

  • はずしたキャップを万年筆のおしりにセットして書く
  • キャップはセットせずに、そのまま使う

コクーンは、キャップをセットして書こうと思うと、確かに重い。うしろに引っ張られるような感覚があります。

が、キャップをセットせずに書くと、重さは気になりません

この状態で書くわけですね。

私はもともと万年筆のキャップをつけずに使うタイプなので、重さに関しては問題はない感じ。

キャップをつけて使う方は、試し書きできるお店などで実物に触れてみると、重さの感覚がつかめるかと思います。

ちなみに、万年筆のおしりにキャップをセットすると、書いているうちにキャップが脱落することがあります。重さもそうですが、この点のほうが気になるかも。

設計的には、キャップをはめずに使うようになっているのかな?とも感じました。

万年筆の記事一覧

今回の記事で紹介したアイテム

今回の記事で紹介したアイテムは次の通りです。

【PILOT 万年筆「Cocoon(コクーン)」】

【コンバーター CON-40】

【万年筆インキ 色彩雫「月夜」】

興味のある方はぜひどうぞ。

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。

\ ゆずゆろぐ。の本が出ました /

本を出しました!「ブログはなぜ続かない? ブログを続ける30の秘訣」
突然ですが、本を出しました! 「ブログはなぜ続かない? ブログを続ける30の秘訣」というタイトルの本です。 ブログが続かない原因を分析して、誰でもたのしく続けられるようになる方法を紹介した本で...
タイトルとURLをコピーしました