【Simplicity2】スポンサーリンクと広告の間に空白ができた時の対処法

スポンサーリンクと広告の間に空白ができた時の対処法 ~Simplicity2の場合~

「ゆずゆろぐ。」はSimplicity2を使っています。

先日、記事の作成中にアドセンスの広告表示がおかしいことに気づきました。スポンサーリンク(ラベル)と広告の間に謎の空白が入っているのです。

前は入っていなかったのに、こんな感じの空白が入っていました
スポンサーリンクとアドセンス広告の間に空白

スポンサーリンクと広告の間に、妙な空白が・・・。

今回は、こうした空白ができた場合の対処方法についてです。

スポンサーリンク

スポンサーリンクと広告の間に空白ができる原因

なんと原因はWordPress!新しくなった仕様が影響していました

原因はWordPress4.8からの新仕様

WordPressは、4.8から従来とはテキストウィジェットの仕様が変わり、自動で段落(pタグ)や改行(brタグ)が入るようになりました。

今回の「スポンサーリンクと広告の間の空白」はこれが原因で、WordPressが自動で空白を作ってしまうのですね。

が、Simplicity2ではかんたんに対応できる方法があります。

クラシックテキストを使って対策

広告部分に、新しいテキストウィジェットでなく、「クラシックテキスト」を使うことで対策します。

クラシックテキスト」とは、自動で段落(pタグ)や改行(brタグ)が入らないテキストウィジェットです。

Simplicity クラシックテキスト

これを広告部分に使えば、空白ができずに表示できるようになります。

クラシックテキストの使い方

WordPressのダッシュボード画面から「カスタマイズ」→「ウィジェット」とすすみます。

広告を入れたいところに「クラシックテキスト」を挿入します。

ラベルと広告の間の空白をなくす Simplicity クラシックテキスト

「クラシックテキスト」は、開くとこのようになっています。

Simplicity クラシックテキスト

「内容」のところに、Googleアドセンスのコードを貼りつけします。

保存してから、ブログをみてみると・・・

空白がなくなりました

スポンサーリンクと広告の間の空白がなくなりました

ちゃんとなおっています!

まとめ

Simplicity2で、スポンサーリンク(ラベル)と広告の間に空白が入る現象は、WordPressの新しい仕様が原因でした。

クラシックテキストは、今回のような用途のほかにも、「段落」や「改行」を作りたくない時に使えます。

よかったら参考にしてみてくださいね。

Simplicity、こんなカスタマイズもありますよ!
Simplicity2で作ったサイトをスマホやタブレットでみると、ヘッダー画像の下に広めの空白ができていることがあります。 上の画...
Simplicity2の固定ページの日付表示(投稿日・更新日)を消してみました。 消したのはこの部分です。 というわけで、そ...
WordPressで記事を書いていると、入れたはずの空白や改行が消えてしまうことがあります。 これは、WordPressの自動整形とい...
スポンサーリンク