「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」が出た時の対処法

Simplicity

先日、サーチコンソールに 「インデックスカバレッジ」の問題が新たに検出されましたという通知がきました。

 

インデックスカバレッジの問題が新たに検出されました

内容をみると

  • 「インデックスカバレッジ」の問題が新たに検出されました
  • 検索結果で悪影響を受ける可能性があります
  • 新たに検出された問題:送信されたURLにnoindexタグが追加されています

といったことが書かれています。

どうやら「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」というのが問題のよう。

検索結果に悪影響が出るかもと書かれていますし、対処したほうがよさそうですね。

というわけで、インデックスカバレッジの問題で「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」と出た時の対処法です。

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とは

これはサーチコンソールが新しくなってから指摘されるようになったもので、サイトマップに登録しているページにnoindexのタグをつけている場合に出る問題です。

私の場合は、サイトの趣旨からはずれたページをnoindexにしていたのですが、のきなみ問題として挙げられていました。

対策するには、まずどのページが問題になっているかをチェックします。

問題になっているページを確認する

1.通知の下部にある「Search Consoleを使用して インデックスカバレッジ件の問題を修正」をクリックします。

サーチコンソールを使用してインデックスカバレッジ件の問題を修正

 

2.すると、問題になっている箇所をみることができます。

エラーの表示

私の場合は、15のページがエラーになっていると出ています。

 

3.ステータスの右側にある「ページ」をクリックすると、該当するページのURLを見ることができます。

noindexタグでエラー

 

このように、問題とされているページのURLが一覧になって表示されます。

エラーの出たURLが確認できる

サイトマップが指摘されている場合

エラーを確認した際に、個別ページではなくサイトマップが指摘される場合があります。

このようにサイトマップのURLが表示される場合ですね。この場合の対処法は、こちらの記事で詳しく解説しています

サーチコンソールの「インデックスカバレッジの問題」でサイトマップが指摘された時の対処法
先日、関連サイトをはてなブログからWordPressに移行しました。 その際に、GoogleのSearch Console(サーチコンソール)から 「インデックス カバレッジ」の問題が新...

対策

サイトマップに登録しているページに、noindexのタグがついているのが問題といわれているので、ここを対策します。

つまり、noindexのタグをつけているページを、サイトマップから除外するわけですね。

noindexのタグがついたページをサイトマップから除外する

ここでは、WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」を例に方法を紹介します。

1.WordPressのダッシュボード画面から、「設定」→「XML-Sitemap」とすすみます。

 

2.画面をスクロールしていくと、「含めないカテゴリー」の下に「投稿(個別記事を含めない)」という項目があります。

Google XML Sitemaps

ここに、noindexのタグをつけたページのIDを入力していきます。

URLではなく「記事のID」なので、間違えないようにしましょう。というわけで、IDの調べ方です。

記事のIDの調べ方

1.WordPressのダッシュボード画面から「記事一覧」または「固定ページ一覧」にすすみます。

 

2.IDを調べたい記事のタイトルに、マウスのポインタをのせます。

WordPressの投稿ページや固定ページの記事IDを調べる

すると、画面下にアドレスが表示されます。

「post=」の後についているのが記事IDです。この画像の場合は「post=2」ですから、記事IDは「2」になります。

除外するURLを入力する

記事のIDがわかったら、「Google XML Sitemaps」に登録します。

1.記事のIDがわかったら「Google XML Sitemaps」に戻って、「投稿(個別記事を含めない)」にIDを入力します。

Google XML Sitemaps 特定の投稿や固定ページを除外する

複数のIDを入れる時は、半角カンマ(,)で区切っていきます。

 

2.入力ができたら、画面の一番下にすすみ「設定を更新」をクリックします。

設定を更新

これで、noindexのページを除外したサイトマップが送信されます。

サーチコンソールで修正を検証

サイトマップが送信されたら、サーチコンソールに修正を検証してもらいましょう。

1.サーチコンソールのホームから、今回のエラーについて書かれたページにアクセスします。

 

2.「修正を完了しましたか?」の横にある「修正を検証」をクリックします。

サーチコンソール 修正を検証

 

3.表示が「検証:開始」となればOKです。

サーチコンソール 検証開始

検証には、少なくとも数日はかかりますので、気長に待ちましょう。

これでエラーがなくなっていれば、すべて完了です。

まとめ

今回は、インデックスカバレッジの問題で「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」と出た時の対処法でした。

これまでになかった仕様ですので、あせってしまう方も多いかと思いますが、noindexのタグを使う時はサイトマップのほうにも注意ということですね。

Simplicity
スポンサーリンク
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。