ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity Photo】フォントにぐるぐる模様を入れる方法【波紋】

Affinity Photo

今回はAffinity Photoで、フォントに波紋のような模様(ぐるぐる模様)を入れる方法をお届けします。

この方法を使うと、文字にかんたんに波紋のようなぐるぐる模様を入れることができます。

波紋のような模様(ぐるぐる模様)

この方法を使うと、文字にかんたんに波紋のようなぐるぐる模様を入れることができます。いわゆる「等間隔で同心円を並べた模様」ですね。

もちろん模様の位置や円の密度は任意で調整できます。

というわけでさっそくやり方をみていきましょう。

Affinity Photoの記事一覧

方法

模様を入れる準備をしよう

1.Affinity Photoで任意のサイズのキャンバスをつくります。

任意のサイズのキャンバス

 

2.ツールバーから「アーティスティックテキストツール」を選択し、キャンバスに任意の文字を書きます。

「アーティスティックテキストツール」

 

ここでは例として「あ」という文字を書いてみました。

文字

フォントはどんなものでもOKですが、太めのものにしておくと模様がみえやすくなります。

 

この段階でのレイヤー構成は次の通りです。

レイヤー構成

「あ」という文字を書いたレイヤーのみがある状態です。

 

3.つづいて、文字レイヤーの上に「塗りつぶしレイヤー」をつくります。メニューバーの「レイヤー」から「新規塗りつぶりレイヤー」を選択します。

レイヤー

「塗りつぶしレイヤー」

 

するとキャンバスに「塗りつぶしレイヤー」が作成されて、文字がみえなくなります。

塗りつぶし

ここで1つポイントがあります。

それは必ず「真っ白ではない色」で塗りつぶすという点です。

RGBでいうなら、「R:255 G:255 B:255」にしてはダメということです。「真っ白」でなければどの色でもOKですので、必ずなんらかの色で塗りつぶすようにします。

 

4.「塗りつぶしレイヤー」ができると、レイヤーパネルは次のような構成になります。

レイヤーパネル

「文字レイヤー」の上に「塗りつぶしレイヤー」がある状態ですね。

 

5.つづいて「塗りつぶしレイヤー」をピクセルレイヤーに変換します。「塗りつぶしレイヤー」を右クリックします。

レイヤーパネル

 

メニューが開きますので「ラスタライズ」を選択します。

ピクセルレイヤーに変換

 

すると「塗りつぶしレイヤー」がピクセルレイヤーになり、レイヤー名が「ピクセル」に変わります。

レイヤー名が「ピクセル」に

これでぐるぐる模様を入れる準備ができました。では、さっそく模様をつくっていきましょう。

スポンサーリンク

模様をつくってみよう

1.「ピクセル」レイヤーが選択状態になっていることを確認します。

「ピクセル」レイヤーが選択状態

 

その状態でメニューバーの「フィルター」から「カラー」とすすみ、「ハーフトーン」を選択します。

フィルター

カラー

ハーフトーン

 

2.「ハーフトーン」パネルが開きます。「スクリーン」のところを「循環」にします。

「ハーフトーン」パネル

 

すると、キャンバスにぐるぐる模様が表示されます。

「循環」

 

3.つづいて「ハーフトーン」パネルで模様の度合いを調整してみましょう。

模様の度合いを調整

「セルサイズ」で大きさ、「コントラスト」で強さを調整することができます。

 

それぞれの数値を変えると、キャンバス上の表示もリアルタイムで変わっていきます。

キャンバス上の表示

お好みの雰囲気になるように調整します。

模様のサイズは、文字に組み込んだあとからでも調整できます。ですので、この段階では模様を細かめにしておくのがおすすめです。あとから調整する際に融通がききやすくなります。

 

4.ここでレイヤーパネルをみてみましょう。

レイヤーパネル

「ハーフトーン」を適用したことにより、ピクセルレイヤーの左のサムネイルが先ほどまでと変わっています。

これで波紋のような模様(ぐるぐる模様)ができました。さっそく文字に組み込んでみましょう。

文字に模様を組み込んでみよう

1.「ピクセルレイヤー」を選択状態にします。

「ピクセルレイヤー」を選択状態

 

2.その状態でメニューバーの「フィルター」から「カラー」とすすみ、「白紙を消去」を選択します。

フィルター

カラー

「白紙を消去」

 

すると、「ピクセルレイヤー」から白色の部分が消え、模様だけになります。

「白紙を消去」を実行

「ピクセルレイヤー」の白色の部分が消えたため、下にある「文字レイヤー」の文字みえるようになりました。

 

ちなみに「白紙を消去」をすると、「ピクセルレイヤー」の左のサムネイルも変わります。

「ピクセルレイヤー」

 

3.では、この模様を文字に組み込んでみます。「ピクセルレイヤー」を「文字レイヤー」のすぐ下にドラッグします。

模様を文字に組み込む

 

すると、「文字レイヤー」の中に「ピクセルレイヤー」が格納されます。

グループ化

 

キャンバスをみると、文字にぐるぐる模様が入っています!

文字にぐるぐる模様

これで文字に波紋のような模様を入れることができました。

つづいていろいろとアレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

アレンジしてみよう

模様の色を変える

模様の色は自由に変えることができます。

1.レイヤーパネルで「ピクセルレイヤー」を選択し、「レイヤーエフェクト」アイコンをクリックします。

「レイヤーエフェクト」

 

2.すると「レイヤーエフェクト」パネルが開きます。

「レイヤーエフェクト」 カラーオーバーレイ

左メニューの「カラーオーバーレイ」から任意の色を設定することができます。

 

ここでは模様の色を白色にしてみました。

模様の色を変える

模様の色は何度でも変えることができます。いろいろと試してみてください。

模様のサイズや位置を変える

模様のサイズや位置も自由に変えることができます。

1.レイヤーパネルで「ピクセルレイヤー」を選択状態にします。

「ピクセルレイヤー」を選択状態

 

2.ツールバーから「移動ツール」を選択します。

「移動ツール」

 

これで「ピクセルレイヤー」の拡大縮小や移動ができるようになります。

ピクセルレイヤー」の拡大縮小や移動

お好みの雰囲気になるように調整してみてください。

フォントの色を変える

フォント自体の色を変えることもできます。

レイヤーパネルで「文字レイヤー」を選択します。

「文字レイヤー」を選択

 

あとは、普通のフォントの色をかえる時と同じ要領でカラーを変えることができます。

フォントの色をかえる

記事で使用したツール

今回の記事で使用したツールは次の通りです。

【Affinity Photo】

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。

【Affinity Designer(イラストの制作に使用)】

Affinity Designer – プロフェッショナル向けのグラフィックデザインソフトウェア
Windows、Mac、iPadで使えるAffinity Designerは、デザインの世界に新たな業界標準を打ち立てた、受賞歴のあるベクターグラフィックスソフトウェアです。

今回はAffinity Photoでフォントに波紋のような模様(ぐるぐる模様)を入れる方法をお届けしました。よかったら参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました