ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity Photo】切り抜きツールの使い方いろいろ

Affinity Photo

今回は、Affinity Photoで「切り抜きツール」を使った画像の切り抜き方をお届けします。

いろいろな切り抜き方ができます。

Affinity Photoの記事一覧

切り抜き前の準備

Affinity Photoは初期設定のままだと、一度画像を切り抜くと、切り捨てた部分が表示されません。

Affinity Photo 切り抜き後の全体像がみえない

そのため、切り抜いたあとに「もう一度、切り抜き範囲を調整したいな」という時に不便です。

 

そこで、切り抜きをやり直すときにも元画像の全体像がみえるように設定を変更しましょう。

Affinity Photo 切り抜きツール

そのやり方をこちらの記事で詳しく解説しています。

【Affinity photo】切り抜きをやり直す時にも、元画像全体を表示する方法
Affinity Photoで画像を切り抜くときに不便だと感じることがありました。 たとえば、画像を「切り抜きツール」で次のような範囲で切り抜いたとします。 いったん切り抜きを確定したあと...

基本操作

1.Affinity Photoで任意の画像を開きます。写真でもイラストでもOKです。

Affinity Photoで任意の画像を開きます

 

2.画面左にあるツールバーから「切り抜きツール」を選択します。

「切り抜きツール」を選択

 

3.画像のまわりに枠が表示されます。また、各コーナーと辺の中央には、ポイントが表示されます。

画像のまわりに枠が表示

ここから様々な切り抜き方ができます。

好きなように切る

各コーナーのポイントをドラッグすると、切り抜き範囲の大きさを変えることができます。

切り抜き範囲の大きさを変える

また、ポイントのない枠だけのところをドラッグすると、枠自体を移動させることができます。

 

切り抜く位置が決まったら、画面上部の「適用」を押します。これで切り抜きができます。

画面上部の「適用」

 

これが切り抜きツールを使った最もオーソドックスな切り抜き方です。

ただ、この方法を使うと、縦横の比が固定できないというデメリットがあります。

そのため、決まった比率で切り抜きたい時や、元画像の比率を維持したまま切り抜きたいときは次の2つの方法を使います。

スポンサーリンク

縦横の比を固定したまま切り抜く

比率を維持する

まずは、元画像の縦横の比率を維持したまま切り抜く方法です。

1.Affinity Photoで画像を開き、切り抜きツールを選択します。すると画像のまわりに枠とポイントが表示されます。

Affinity Photoで画像を開き、切り抜きツールを選択

 

2.画面上部の「モード」の横にある「制約なし」をクリックします。

「制約なし」をクリック

 

3.するとメニューが開きますので「元の比率」を選択します。

「元の比率」を選択

 

4.モードのところが「元の比率」になればOKです。

「元の比率」

 

5.これで縦横比が元画像の比率に固定されます。

縦横比が元画像の比率に固定

枠のサイズを変えても、縦横の比率はそのまま維持されます。あとは任意の位置で切り抜けば完成です。

カスタム比率

切り抜く際の「縦横の比率」を任意で設定することもできます。

1.Affinity Photoで画像を開き、切り抜きツールを選択します。すると画像のまわりに枠とポイントが表示されます。

Affinity Photoで画像を開き、切り抜きツールを選択

 

2.画面上部の「モード」の横にある「制約なし」をクリックします。

「制約なし」をクリック

 

3.するとメニューが開きますので「カスタム比率」を選択します。

「カスタム比率」を選択

 

4.カスタム比率を選択すると、その右に比率の入力欄が表示されます。

比率の入力欄が表示

ここに任意の数字を入れると、その縦横比で固定したまま切り抜くことができます。

 

5.また、「モード」の左の歯車アイコンをクリックすると、あらかじめ用意されている縦横比から好きなものを選ぶことができます。

歯車アイコン

 

このようにいろいろな比率が用意されています。

プリセット比率

傾き補正

切り抜きツールでは「傾き補正」を使うこともできます。写真の水平や垂直をあわせたいときや、画像の角度を変えて切り抜きたいときに便利です。

傾き補正の使い方

1.Affinity Photoで画像を開き、切り抜きツールを選択します。すると画像のまわりに枠とポイントが表示されます。

Affinity Photoで画像を開き、切り抜きツールを選択

 

2.画面上部の左側にある「傾き補正」をクリックします。

「傾き補正」をクリック

 

3.すると、マウスのポインタが次のように変化します。

マウスのポインタが変化

 

4.画面上をドラッグします。このドラッグしたラインが水平の基準になります。

ドラッグしたラインが水平の基準

ちなみに、横方向にドラッグすると水平のライン、縦方向にドラッグすると垂直のラインになります。

 

5.ドラッグを解除すると、さきほどドラッグしたラインを水平とした画像の角度になります。

画像の傾きが変わりました

あとは、枠やポイントを動かして切り抜き範囲を調整すればOKです。

 

6.画像を傾けた状態で切り抜きができました。

画像を傾けた状態で切り抜き

ここでは手持ちのイラストで傾きを調整しましたが、写真の場合は

  • 地平線や水平線が傾いてしまった写真
  • 建物などの垂直ラインが傾いてしまった写真

などにこの方法を使うと効果的です。

水平や垂直がきちんととれた写真にすることができます。

画面外をドラッグする

Affinity Photoでは、実は傾き補正を使わなくても、切り抜く際の角度を変えることができます。

1.Affinity Photoで画像を開き、切り抜きツールを選択します。すると画像のまわりに枠とポイントが表示されます。

Affinity Photoで画像を開き、切り抜きツールを選択

 

2.枠の外側をドラッグすると、元画像の角度が変わります。

画像が回転します

この方法を使うと、画像の上に表示されるマス目(グリッド)が細かくなるので基準のラインを合わせやすくなります。

水平や垂直を合わせたいときにも便利です。

「傾き補正」を使うよりもこの方法のほうがスムーズかもしれません。

まとめ

今回はAffinity Photoで画像を切り抜き方法をお届けしました。

Affinity Photoはツールを選択したときのみ、画面上部のメニューに表示される項目が多々あります。最初は少しややこしい感じがしますが、慣れるととても便利に使えますよ。よかったら参考にしてみてください。

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。
スポンサーリンク
Affinity Photo
ゆずゆろぐ。の本が出ました!
ゆずゆろぐ。の本が出ました! 完全書きおろし、Amazonで販売中です。興味のある方はぜひどうぞ!
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。
タイトルとURLをコピーしました