ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Affinity Photo】レイヤーの合成モードを透過PNGに使う方法

Affinity Photo

今回はAffinity Photoの「レイヤーの合成モード」を透過PNGに使う方法をお届けします。

透過PNGとは、背景が透明になっているPNG画像のことです。

【Affinity Photo】レイヤーの合成モードを透過PNGに使う方法

背景が透明になっているので、いろいろな画像にあてはめることができます。

さて、今回は透過PNGを使う際の「レイヤーの合成モード」についてです。

たとえば上の画像に、単色で塗りつぶしたレイヤーを合成したいとします。

単色で塗りつぶしたレイヤーを合成

 

レイヤー構成は次の通りです。

レイヤー構成

 

これを「ハードミックス」で合成してみましょう。

「ハードミックス」で合成

 

すると、このようになってほしいところなのですが、そうはなりません。

レイヤーの合成モード

 

実際は背景にまで色が乗ってしまいます

背景まで色が乗ってしまう

というわけで今回は、透過PNGの部分だけにレイヤーを合成する方法をお届けします。

Affinity Photoの記事一覧

方法

今回は例として次の画像を使っていきます。

透過PNG

ここに先ほどの例と同じように「塗りつぶしレイヤー」を合成します。

ただし、背景に色は乗せずに、透過PNG部分だけに合成するのが目標です。

では、さっそくやってみましょう。

まずはレイヤーを普通に合成してみよう

1.Affinity Photoで透過PNGの画像を開きます。

任意の画像を開きます

 

2.画面上部のメニューバーの「レイヤー」から「新規塗りつぶしレイヤー」を選択します。

レイヤー

「新規塗りつぶしレイヤー」

 

すると、キャンバスに「塗りつぶしレイヤー」が表示され、キャンバスが一色で塗りつぶされます。

塗りつぶし

描画色の設定によっては、キャンバスが白以外の色で塗りつぶされることがあります。が、塗りつぶしの色はあとから自由に変更できますので、特に問題はありません。

 

この段階でのレイヤー構成は次の通りです。

レイヤー構成

塗りつぶしレイヤーが上にあればOKです。

 

4.塗りつぶしレイヤーが選択状態になっていることを確認します。

塗りつぶしレイヤーが選択状態

 

レイヤーの合成モードを「ハードミックス」にします。

レイヤーの合成モード

 

5.つづいて「塗りつぶしレイヤー」のカラーを変更します。画面上部に表示されている色のパネルをクリックします。

色のパネルをクリック

 

色のパネルが表示されていない時は、画面左のツールバーから「移動ツール」を選択します。

「移動ツール」

これで色のパネルが表示されるようになります。

 

6.色のパネルをクリックすると、塗りつぶしの色を変更できるパネルが表示されます。

塗りつぶしの色を変更

 

「真っ白」や「真っ黒」以外の色にすると、下のレイヤーの画像に色が乗ります。

レイヤーの合成モード

……が、この段階では背景まで色が乗ってしまいます

透過PNGのみに色を乗せるためには、この状態からもうひと手間かける必要があります。

というわけで、次の操作をしてみましょう。

スポンサーリンク

透過PNGのみに色を乗せよう

1.キーボードのCtrlキーを押しながら、レイヤパネルの「透過PNGのレイヤー」のサムネイルをクリックします。

「透過PNGのレイヤー」のサムネイル

 

2.すると、透過PNGのまわりに点線が表示されます。

透過PNGのまわりに点線

これは「透過PNGの部分を選択した」という意味です。

 

3.レイヤパネルで「塗りつぶしレイヤー」を選択した状態で、「マスクレイヤー」のアイコンをクリックします。

「マスクレイヤー」のアイコン

 

これで透過PNGの部分のみに色が乗ります。

透過PNGの部分のみに色

つまり、「選択した範囲のみ」に色が乗ったというわけですね。

が、まだこの段階では、透過PNGのまわりに点線が表示されています。点線の表示は、キーボードのCtrlDキーを押すと消すことができます。

 

4.ここでレイヤー構成をみてみましょう。マスクを適用したことにより、次のようなレイヤー構成に変わりました。

レイヤー構成

元に戻したいとき(背景にも色が乗っている状態にしたいとき)は、「マスク」の右のチェックをはずします。

塗りつぶしの色を変更したい時は、いちばん上の「塗りつぶし」を選択します(塗りつぶしを選択すると「マスク」も自動で選択されます)。

色を変えると、色の乗り方がガラッと変わります。

透過PNGのみに色

 

5.好みの色合いになれば完成です。

好みの色合いになれば完成

今回はレイヤーの合成モードを「ハードミックス」にしてみましたが、ほかのモードも同じやり方で、透過PNGのみに合成することができます。

今回の記事で使用したアイテム

今回の記事で使用したアイテムは次の通りです。

【Affinity Photo】

Affinity Photo – 本格的な画像編集ソフトウェア
Mac、Windows、iOSのすべてで使える唯一のフル機能写真エディタであるAffinity Photoは、世界中の何千万人というプロフェッショナルが真っ先に選ぶソフトウェアとなっています。

 

【コミPO!】

コミPo! [ダウンロード]
ウェブテクノロジ・コム

 

【服装を増やすなら】

コミPO!本体で「服の数が物足りないなあ」と感じたときは、服装のデータが販売されています。

今回は、Affinity Photoで画像をサイケデリックな色合いにする方法を届けしました。よかったら参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました