ただいまの人気記事はこれ!TOP15を公開中

とってもかんたん!Photoshopで動画を編集する方法

Photoshop

Photoshopは写真・画像の編集ソフトというイメージがありますが、動画の編集もできます

動画編集に必要な機能がしっかりとそろっており、非常に有用です。

というわけで今回は、Photoshop CCで動画を編集する方法をお届けします。

Photoshopで動画を編集する

Photoshopで動画を編集するには、まず動画ファイルを開きます。

動画ファイルの開き方

動画ファイルの開き方は、写真や画像と同じやり方でできます。

メニューバーの「ファイル」→「開く」から任意の動画ファイルを選ぶことができます。

メニューバーの「ファイル」→「開く」から任意の動画ファイルを選ぶ

または、動画ファイルを作業エリアに直接ドロップしてもOKです。

 

Photoshopに動画ファイルが読み込まれると、画面の下にタイムラインが表示されます。

Photoshopに動画ファイルが読み込まれると、画面の下にタイムラインが表示

動画の編集は、このタイムラインを使って行います。

 

タイムラインの再生ボタンを押すと、動画の再生(プレビュー)ができます。

Photoshop 動画の再生ボタン

では、まずは基本となる「動画のカット」からやってみましょう。

動画の不要な部分をカットする

1.動画のカットしたいところに、タイムラインの再生バーをドラッグします。

カットしたい箇所に再生バーをドラッグ

ドラッグのほかに、次の方法でも再生バーを移動させることができます。

 

タイムラインの再生ボタンを押して、カットしたい箇所で止めます(再生中に再生ボタンで止まります)。

タイムラインの再生ボタンを押して、カットしたい箇所でストップ

再生ボタンのかわりに、キーボードの space キーを使っても同じ操作ができます。

 

再生ボタンの左右にあるボタンを使うと、フレーム単位で調整ができます。

フレーム単位で調整

細かい調整ができますので、カットする箇所の微調整に使うと便利です。

 

フレームの単位の調整は、矢印の部分を左クリックしたまま、横にドラッグしても行えます。

フレーム単位で調整2

 

2.カットする部分が決まったら、動画の最初の部分を左クリックしたまま、バーの位置までドラッグします。

Photoshop 動画のカット

これで動画がカットできます。カットする位置を決めてドラッグするだけなので、とてもかんたんです。動画の最後にある余分な部分も同じ方法でカットできます。

また、Photoshopでは、動画の最初や最後だけでなく、中間部分をカットすることもできます。

動画の中間部分をカットする

1.動画のバーを左クリックし、タイムラインの再生バーを「カットしたい部分の最初のところ」に持っていきます。

タイムラインの再生バーをカットしたい箇所へ

 

2.タイムラインの「はさみのマーク」を押します。

「はさみのマーク」を押します

 

3.動画を分割することができました。

Photoshop 動画の分割

 

4.つづいて、タイムラインの再生バーを「カットしたい部分の最後のところ」に持っていきます。

タイムラインの再生バーを「カットしたい部分の最後のところ」に移動

 

5.タイムラインの「はさみのマーク」を押します。

「はさみのマーク」を押します

 

6.これで動画の中間部分を分割することができました。

動画の中間部分を分割

中間部分を左クリックして、Delete キーを押すと、中間部分をカット(削除)することができます。

 

7.中間部分のカットができました。

Photoshop 動画の中間部分をカット

不要な部分のカットができると、動画にまとまりが出てきますね。

今度は、フェードイン・フェードアウトをやってみましょう。

動画のフェードイン・フェードアウト

フェードインは画面が徐々に現れる、フェードアウトは画面が徐々に消えていく手法です。動画で多く使われるテクニックの1つです。

フェードイン

1.タイムラインの矢印のところにあるマークを押すと、フェードのメニューが表示されます。

Photoshop 動画のフェードイン

 

2.フェードのメニューでは、どのように画面がフェードインするかを設定します。

Photoshop 動画のフェードインの設定

タイプがいくつかありますが、動画の冒頭に使われるフェードは次のものです。

  • フェード:透明な画面から徐々に画面が現れる
  • 黒でフェード:黒い画面から徐々に画面が現れる
  • 白でフェード:白い画面から徐々に画面が現れる
  • カラーでフェード:任意のカラーの画面から徐々に画面が現れる

どれがいいか分からない時は、「黒でフェード」を選ぶのがおすすめです。どのタイプの動画にもよく合います。

 

デュレーション

「デュレーション」は、フェードにかかる時間です。初期設定の1秒だとややせわしなく感じますので、1秒より長めに設定するとほどよい雰囲気になります。

 

3.フェードの設定ができたら、動画の最初の部分にドラッグします。

Photoshop フェードインの適用

 

4.すると、動画のバーの下部に三角のマークが入ります。これがフェードインのマークです。

フェードインのマーク

これで動画がフェードインして始まるようになりました。

ちなみに、この三角のマークを左クリックして横にドラッグすると、フェードの時間を変えることができます。

フェードアウト

フェードアウトも同様の方法で行えます。フェードの効果を選んだあとに、動画のラストの部分にドラッグすればOKです。

ただ、フェードインとはフェードの効果が逆になるので注意が必要です。

Photoshop フェードアウトの設定

動画のラストに使われるフェードは次のものです。

  • フェード:動画が徐々に透明な画面になって終わる
  • 黒でフェード:動画が徐々に黒い画面になって終わる
  • 白でフェード:動画が徐々に白い画面になって終わる
  • カラーでフェード:動画が徐々に任意のカラーの画面になって終わる

こちらもどれがいいか分からない時は、「黒でフェード」を選ぶのがおすすめです。どのタイプの動画にもよく合います。

スポンサーリンク

動画にBGMや音声を追加する

Photoshopでは、動画にBGMや音声を追加することもできます。

この方法を使うと、動画に音楽やトークを入れられるだけでなく、効果音を入れることもできます。こちらの記事でくわしく解説しています。

【Photoshop】動画にBGMや音声を追加する方法
Photoshopは動画の編集にも使えます。 前回の記事では「Photoshopの動画を編集する基本」をお届けしましたが、今回は、Photoshop CCで動画にBGMや音声を追加したり、音声を差し...

動画に文字やテロップを入れる

PhotoShopは、動画に文字やテロップをかんたんに入れることができます。画像に文字を入れるのと同じ感覚でできるので、とても便利です。こちらの記事でくわしく解説しています。

【Photoshop】動画に文字やテロップを入れる方法
Photoshopは動画に文字やテロップをかんたんに入れることができます。画像に文字を入れるのと同じようにできるので、とても便利です。 というわけで今回は、Photoshop CCで動画に文字やテロ...

動画を書き出す

動画を書き出す時は、Photoshopのメニューバーの「ファイル」→「書き出し」から「ビデオをレンダリング」を選択します。

Photoshop 動画の書き出し

 

書き出しの設定画面になります。いろいろな項目がありますが、通常は「形式」と「プリセット」の設定のみでOKです。

Photoshop 動画のレンダリング 設定

形式は「H.264」を選びます。

プリセットは、Youtube用やスマホ用など、任意の形式を選ぶことができます。特に用途を限定しない場合は「高画質」を選んでおけばOKです。

 

設定ができたら「レンダリング」を押すと、動画の書き出しができます。

Photoshop 動画の保存

おしまいに

今回はPhotoshopで動画を編集する方法をお届けしました。カットとフェードを活用するだけでも、動画が実にいい雰囲気になります。よかったら参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
Photoshop
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。