ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Photoshop】画像やレイヤーのまんなかをくり抜く(切り抜く)方法

Photoshop

今回は、Photoshopで画像やレイヤーのまんなかをくり抜く(切り抜く)方法をお届けします。

この方法を使うと、画像やレイヤーのまんなかを「円」や「四角」でくり抜いたり、

【Photoshop】カンバスや画像のまんなかをくり抜く(切り抜く)

 

グラデーションをかけてくり抜いたりできます。

【Photoshop】カンバスや画像のまんなかをくり抜く(切り抜く) グラデーション

くり抜いた部分は透明になります。真ん中に穴をあけたようになるので、下に画像を入れると、その部分だけみえるようになります。

RPGツクール 主人公のまわりだけ明るい演出

中央にぴったりと合わせてくり抜けるので、いろいろな使い方ができます。

というわけで今回は、Photoshopで画像やレイヤーのまんなかをくり抜く(切り抜く)方法をお届けします。

まんなかをふつうにくり抜く

カンバスの中央をふつうにくり抜く

まずは、まんなかをふつうにくり抜く方法です。今回の記事では背景を「黒」にしていますが、好きな色にすることができます。

選択範囲のサイズの決め方

選択ツール

くり抜く形は、「選択ツール」を使ってつくります。

 

選択ツールの使用例

選択ツールの「楕円形選択ツール」や「長方形選択ツール」は、カンバス上でドラッグすると大きさが変わります。

 

サイズを指定したい場合は、ツールバーの「選択ツール」を選択して

「選択ツール」を選択

 

メニューバーの下で、「スタイル」を「固定」にするとサイズの設定ができます。

選択範囲のサイズ設定

これで準備は完了です。まずは普通にくり抜いてみよう!

ふつうにくり抜く手順

1.メニューバーの「新規作成」から新規カンバスを作成します。

 

2.レイヤーパネルで、レイヤー構成が「背景レイヤー」のみになっていることを確認します。

レイヤー構成が「背景レイヤー」のみ

 

3.こちらの記事を参考にして、選択ツールで「選択範囲」を中央に表示します。

「選択範囲」を中央に表示

 

3.メニューバーの「選択範囲」から「選択範を反転」を選択します。

「選択範を反転」

 

すると、カンバス外枠にも点線が表示されます。

「選択範を反転」2

 

4.メニューバーの「レイヤー」から「新規塗りつぶしレイヤー」とすすみ、「べた塗り」を選択します。

メニューバーの「レイヤー」

「べた塗り」を選択

「べた塗り」の色は、好きなものを選べばOKです。

 

5.これでまん中をくり抜くことができました。

まん中をくり抜く

 

……が、このまま保存すると、くりぬいた部分に下のレイヤーの色が入ってしまい、透明になりません

これは「背景レイヤー(べた塗りの下にあるレイヤー)」を非表示にすることで解決します。

「背景レイヤー(べた塗りの下にあるレイヤー)」を非表示

 

6.これでくり抜いた部分が透明になりました。

くり抜いた部分が透明に

画像として保存するときは、JPEGやGIFではなく、必ず「PNG形式」を選びます。

JPEGやGIFだと透明になったところが反映されないからね
PNGはPNG-8でもPNG-24でもOKだよ
スポンサーリンク

まんなかをグラデーションをかけてくり抜く

グラデーションをかけてくり抜く

つづいては、まんなかをグラデーションをかけてくり抜く方法です。

このくり抜きは、いろいろな場面で使うことができます。たとえば、ゲームでは「主人公のまわりだけ明るくする」演出でよく使われていますね。

グラデーションをかけてくり抜く ゲームでの使用例

グラデーションを使ったくり抜きは、先ほどの「ふつうにくり抜く」のとは、少し手順が変わります。

グラデーションをかけてくり抜く手順

1.メニューバーの「新規作成」から新規カンバスを作成します。

 

2.レイヤーパネルで、レイヤー構成が「背景レイヤー」のみになっていることを確認します。

レイヤー構成が「背景レイヤー」のみ

 

3.ツールバーの「選択ツール」を選択します。

「選択ツール」を選択

 

4.すると、メニューバーの下でぼかしの設定ができるようになります。「ぼかし」に任意の数値を入れて、「アンチエイリアス」にチェックを入れます。

ぼかしの設定

ぼかしは、10~30pxぐらいがおすすめです。このぐらいの数値でもかなりぼかせるよ

 

5.こちらの記事を参考に、選択範囲をカンバスの中央に表示します。

選択範囲をカンバスの中央に表示

 

6.メニューバーの「選択範囲」から「選択範囲を反転」を選択します。

選択範囲を反転

 

すると、カンバス外枠にも点線が表示されます。

選択範囲を反転2

 

7.メニューバーの「レイヤー」から「新規塗りつぶしレイヤー」とすすみ、「べた塗り」を選択します。

メニューバーの「レイヤー」

「べた塗り」を選択

 

8.グラデーションを使ったくり抜きができました。

グラデーションを使ったくり抜き

……が、このまま保存すると、下のレイヤーの色が入るため、くり抜いた部分が透明になりません

この問題は「背景レイヤー(べた塗りの下にあるレイヤー)」を非表示にすると、解決します。

 

9.くり抜いた部分が透明になりました。

くり抜いた部分が透明に

 

10.画像として保存する時は、必ず「PNG-24」を選びます。

保存は必ず「PNG-24」で

ほかの形式だと、グラデーションがうまく表示されなくなるよ

画像のまんなかをくり抜いてみよう

今回の方法を使えば、画像のまん中をくり抜くこともできます。

たとえば、この画像のまんなかを

画像を中央部分でくり抜いてみよう

 

グラデーションをかけてくり抜くことができます。

やり方はこれまでの応用だよ!

くり抜く前の準備

まずは、Photoshopで画像を開きます。

画像を開いた状態

 

レイヤー構成が次のようになっていることを確認します。

レイヤー構成

 

 

こちらの記事を参考に、レイヤー構成を次のようにします。

レイヤー構成2

 

こちらの記事を参考に、画像の中央に選択範囲が表示されている状態にします。

画像の中央に選択範囲が表示

これで準備は完了です。さっそくくり抜いてみよう!

グラデーションでくり抜いてみよう

1.画像の中央に選択範囲が表示されていることを確認します。

画像の中央に選択範囲が表示

 

2.「画像の入ったレイヤー」をクリックして、選択状態にします。

画像の入ったレイヤーを選択

 

3.メニューバーの「選択範囲」から「選択範囲を反転」を選択します。

選択範囲を反転

 

すると、画像のまわりにも点線が表示されます。

選択範囲を反転2

 

4.メニューバーの「編集」から「消去」を選択します。

メニューバーの「編集」

「消去」を選択

 

5.グラデーションがかかった状態でくり抜きができました。

グラデーションがかかった状態でくり抜き

……が、このまま保存すると、背景が白いままになってしまいます。画像の下にある「背景レイヤー」の色が出るためです。

 

この問題は、「背景レイヤー」を非表示にすることで解決します。

「背景レイヤー」を非表示

 

これで背景が透明になりました。

背景が透明になりました

 

画像として保存する時は、JPEGやGIFではなく、必ず「PNG-24」で保存します。

必ず「PNG-24」で保存

ほかの形式だとグラデーションがキレイに出ないよ!
ちなみに、途中の「選択範囲を反転」を省略すると、真ん中だけを透明にできるよ

選択範囲を反転しない場合

まとめ:アイデア次第で使い方いろいろ!

まん中でくり抜く

今回は、Photoshopで画像やレイヤーのまんなかをくり抜く方法をお届けしました。くり抜いたところが透明になるので、下に画像を入れたりするなど、いろいろな使い方ができます。

ゲームを作る方なら、この方法で作った画像で「主人公のまわりだけ明るい」演出もできるよ!
Amazonをお得に使ってみよう!

Amazonギフト券 チャージタイプがお得

Amazonで買い物するなら、チャージタイプがおすすめ!

チャージするたびに最大2.5%のポイントがたまってお得ですよ。

\ TRY NOW! /

Amazonギフト券への入金方法をみる

スポンサーリンク
Photoshop
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。
タイトルとURLをコピーしました