ポイントが貯まる!Amazonでお得に買い物をしてみよう

【ロゴやテロップに使える】Photoshopでゴールド(金色)の文字を作る方法

Photoshop

今回はPhotoshopでゴールド(金色)の文字を作る方法をお届けします。

この方法を使うと、いろいろなタイプの金色の文字ができます。

Photoshopでゴールド(金色)の文字を作る

ゴールドの文字は、ロゴやテロップなどいろいろな場面で使えるかと思います。よかったら参考にしてみてください。

前回の「ゴールド(金色)っぽい文字を作る方法」もおすすめです。

金色の文字の作り方

今回は「一攫千金」という文字を作ってみます。

 

1.新規カンバスを作成します。

新規カンバスの作成

 

2.ゴールドにしたい文字を入れます。ここでは「一攫千金」としてみます。

Photoshop ゴールド(金色)の文字の作り方 一攫千金

ここから様々な効果を加えていきます。

文字にグラデーションをかける

1.レイヤーパネルで、文字を入れたレイヤーをダブルクリックします。

該当レイヤーをダブルクリック

 

2.レイヤースタイルのダイアログが開きます。「グラデーションオーバーレイ」を選択し、カラーバーをクリックします。

グラデーションオーバーレイ

 

3.グラデーションを設定できる画面になります。まずは1と2の色を設定します。

グラデーションの設定

□をクリックしてから「カラー」をクリックすると、それぞれの色を設定できます。

ここでは1を「#3f2903」、2を「#2d2926」に設定してみます。

 

すると、文字がこのような感じになります。

グラデーションが反映されました

 

4.つづいて中間に入れる色を設定します。バーのすぐ下の赤で囲んだあたりをクリックします。

グラデーションの設定

中間に入れる色の「カラー」と「位置」を設定できるようになります。ここではカラーを「#fff9c9」、位置を「70%」に設定します。

 

これで中間にゴールドっぽい色が入りました。

Photoshopでゴールドの文字を作る

 

5.つづいて、文字の色味を変えます。「光彩(内側)」を選択し、次のように設定します。

光彩(内側)の設定

「ノイズ」の下にあるカラーを設定するところは、茶色かオレンジ系の色ならどれでもなじむかと思います。ここでは「#b98f27」を選択しています。

 

すると、文字に光彩の効果が加わり、先ほどと色味が変わります。

光彩(内側)が適用されました

これでベースとなる文字ができました。ここに様々な効果を加えて、ゴールド(金色)の文字にしていきます。

文字を際立たせる

まずは文字を際立たせるために、グラデーションの入った輪郭線をつくります。

 

1.「境界線」を選択し、塗りつぶしタイプを「グラデーション」にして、カラーバーをクリックします。

境界線の設定

 

2.輪郭線のグラデーションを設定します。

境界線 グラデーションの設定

輪郭線が金色っぽくなるように設定します。今回の作例では次のように設定しています。

  • 1 「位置」 0%、カラー「#8d753f」
  • 2 「位置」45%、カラー「#63513c」
  • 3 「位置」65%、カラー「#efe599」
  • 4 「位置」100%、カラー「#7f6532」

 

すると、このような感じになります。輪郭にグラデーションが入りました。

輪郭にグラデーションが適用されました

 

境界線は「サイズ」や「角度」や「スケール」をいじると、いろいろと雰囲気が変わります。

境界線の設定

お好みに応じていじってみてください。

 

3.つづいて、文字にエッジを効かせます。「ベベルとエンボス」を選択し、各設定をしていきます。

ベベルとエンボス

 

構造の項目では、スタイルを「エンボスの境界線を描く」、深さを「1,000%」、方向を「下に」にしています。

ベベルとエンボスの設定

「サイズ」「ソフト」は数字によって、見映えが変わってきます。今回はどちらも「1」にしていますが、お好みに応じて調整してみてください。

 

陰影の項目では「光沢輪郭」を半円にします。

光沢輪郭の設定 半円

「角度」「高度」は、入れる数字によって見た目がかわっていきます。文字の雰囲気にあわせて調整してみてください。

ハイライトとシャドウのモードも、選ぶものによって見映えが大きく変わります。ここでは「覆い焼きカラー」「リニアライト」にしていますが、いろいろと試してみてください。

 

ここまでの作業を行うと、このような感じになります。

ベースとなるゴールド文字ができました

スポンサーリンク

仕上げ

最後は文字内にシャドウの効果を加えて、メリハリをつけます。

「シャドウ(内側)」を選択し、各項目を設定します。

シャドウ(内側)の設定

描画モード

作例では描画モードを「覆い焼き(リニア)加算」にしていますが、「オーバーレイ」でもいい味が出ます。

 

【覆い焼き(リニア)加算】

覆い焼き(リニア)・加算

 

【オーバーレイ】

オーバーレイ

サイズの設定

また「サイズ」の数値によっても見映えが変わります。

 

【サイズ 0px】

サイズ 0px

 

【サイズ 50px】

サイズ 50px

お好みに応じていろいろと調整してみてください。

ここまでできたら完成です。

使い方・応用方法

ゴールドの文字はそのまま使っても面白いですが、キラキラを入れると、よりゴールド感が出ます。

Photoshopでゴールドの文字ができました

Photoshopで金色の文字(ロゴ)

キラキラの作り方はこちらの記事で紹介しています。

【とっても簡単】Photoshopでキラキラを作る方法【星模様】
Photoshopでキラキラを作る方法を紹介します。 こんな感じのキラキラした星模様をつくって、画面を彩ってみます。 シンプルですが、星模様があるといろいろと遊べます。今回はイラストに使ってい...

 

また、文字のまわりに白を薄くひくと、面白い味が出ます。

Photoshopで金色文字 応用方法

おしまいに

今回はPhotoshopでゴールド(金色)の文字を作る方法でした。

文字本体の色は、グラデーションオーバーレイで調整できます。スライダを動かしたり、色を変えたりすると雰囲気が変わっていきます。

よかったら参考にしてみてくださいね。