ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Photoshop】動画の好きな箇所を静止画として切り出す方法

Photoshop

Photoshopは画像だけでなく、動画の編集もできます。今回はPhotoshopで動画から静止画を切り出す方法をお届けします。

動画の好きな箇所を選んで画像にできるので、とても便利ですよ。

動画から静止画を切り出してみよう

まずはPhotoshopで動画を開いてみるよ!

Photoshopで動画を開いてみよう

1.メニューバーの「ファイル」から「開く」を選択し、任意の動画を開きます。

Photoshopで動画を開く

 

2.ここでは例として「sample.mp4」を開いてみます。

Photoshopで動画を開く2

 

3.Photoshopに動画が読み込まれると、画面下に「タイムライン」が表示されます。

動画が読み込まれると、タイムラインが表示されます。

これで動画から静止画を切り出す準備ができました。

切り出したい箇所を探してみよう

Photoshop 動画から静止画を切り出す

「静止画として切り出したい箇所」はタイムラインを使って探します。

 

次の2つの方法を使って探すよ!

【1.「再生ボタン」や「コマ送り」を使って探す】

「再生ボタン」や「コマ送り」を使って探す

動画の再生でおなじみの操作方法です。どなたでも使いやすいのが利点です。

 

【2.インジケーターをドラッグして探す】

Photoshop タイムラインのインジケーター

インジケーターを横にドラッグすると、動画の好きな箇所にすぐに移動できます。

 

上の2つの方法を使って、静止画として切り出したい箇所(フレーム)を探します。

タイムラインを使って静止画として切り出したい箇所を探します

今回はこの箇所で切り出してみます。では、さっそく静止画として保存してみましょう。

スポンサーリンク

静止画として保存してみよう

メニューバーの「ファイル」→「書き出し」とすすみ、「Web用に保存」を選択します。

「Web用に保存」を選択

すると、書き出し画面の表示が、動画によって次の2つの場合に分かれます

先ほど選んだ箇所が表示される場合

プレビューに先ほど選んだフレームが表示

プレビューに、タイムラインで選んだ箇所と同じ画像が表示されていれば、そのまま静止画として保存できます

JPEGなど、好きな形式で保存することができます。

選んだ箇所とは違うフレームが表示される場合

選んだ箇所とは違うフレームが表示

動画の種類によっては、タイムラインで選んだ箇所とは違うフレームが表示されることがあります。

この場合はそのまま保存するとおかしなことになるので、次の方法で対処します。

そのまま保存できない場合の対処法

プレビューに「タイムラインで選んだのと違うフレーム」が表示される場合は、レイヤーパネルでいくつかの操作を行います。それで、任意の箇所を静止画として保存できるようになります。

まずは重要な「レイヤー構成」からチェックしてみるよ

【動画レイヤーのみが表示されている場合】

動画レイヤーのみが表示

レイヤーパネルに動画レイヤー(レイヤー1)のみが表示されている場合は、レイヤー構成はそのままでOKです。

 

【ビデオグループが表示されている場合】

ビデオグループが表示

動画レイヤーが「ビデオグループ」に入っている場合は、動画レイヤーをフォルダの外に出す必要があります。

 

1.動画レイヤーを「ビデオグループ」より上にドラッグします。

動画レイヤーを「ビデオグループ」より上にドラッグ

 

2.動画レイヤーが「ビデオグループ」の上になればOKです。

動画レイヤーが「ビデオグループ」の上に

「ビデオグループ」フォルダは、特に必要がなければ削除してもかまいません。

これでレイヤーの準備ができました。さっそく作業を行ってみましょう

レイヤーパネルで行う作業

1.動画レイヤー(レイヤー1)を右クリックします。

レイヤー1を右クリック

 

2.レイヤーメニューが開きますので「レイヤーを複製」を選択します。

「レイヤーを複製」を選択

 

3.レイヤーの複製(レイヤー1のコピー)ができますので、これを右クリックします。

レイヤー1のコピーを右クリック

 

4.レイヤーメニューが出ますので「レイヤーをラスタライズ」を選択します。

「レイヤーをラスタライズ」を選択

これで、動画の指定した箇所を静止画として保存できるようになります。さっそく保存してみましょう。

静止画として保存してみよう

1.メニューバーの「ファイル」→「書き出し」とすすみ、「Web用に保存」を選択します。

「Web用に保存」を選択

 

2.プレビューに、タイムラインで選択した箇所(フレーム)が表示されるようになりました。

タイムラインで選択した箇所(フレーム)が表示

JPEGなど任意の画像形式で保存することができます。

 

3.書き出しできました!

Photoshop 動画から静止画を切り出す

まとめ:両方の場合を知っておくと便利!

今回はPhotoshopで動画から静止画を切り出す方法をお届けしました。動画の種類によって、静止画としてすんなり保存できる場合と、レイヤー操作が必要な場合とがあります。両方の方法を知っておくと便利ですよ。

Photoshopで動画が編集できるのは便利でいいね!
とってもかんたん!Photoshopで動画を編集する方法
Photoshopは写真・画像の編集ソフトというイメージがありますが、動画の編集もできます。 動画編集に必要な機能がしっかりとそろっており、非常に有用です。 というわけで今回は、Photoshop...
タイトルとURLをコピーしました