ポイントが貯まる!Amazonでお得に買い物をしてみよう

【かんたん】Photoshopで斜めのストライプを作る方法

Photoshop

Photoshopで斜めのストライプを作る方法を紹介します。

サイズを自由に変えられるので、1つつくっておくと、背景やロゴなどいろいろなところに使えます。

Photoshopで斜めのストライプを作る方法

 

というわけで今回は、Photoshopで斜めのストライプを作る方法をお届けします。

簡単にできますので、よかったら参考にしてみてください。

斜めのストライプの作り方

ストライプをつくる準備

1.新規カンバスを作成します。

新規カンバスを作成

このカンバスのサイズが、ストライプの大きさの基準になります。今回は、100×100pxでつくってみます。

 

2.レイヤーパレットの赤で囲んだ部分をクリックして、新規レイヤーを作成します。

新規レイヤーを作成

 

新規レイヤーができました。このレイヤーで作業をしていきます。

レイヤーパレットでレイヤー1を選択

 

3.メニューバーの「表示」から「新規ガイド」を選択します。

表示

新規ガイド

 

4.ダイアログが出ますので、「水平方向」にチェックを入れ、「位置」にカンバスサイズの半分の数字(ここでは50px)を入れます。

新規ガイドの設定

 

すると、カンバスの真ん中に横線が入ります。

ガイドが適用されました

 

5.つづいて縦線も入れます。もう一度、メニューバーの「表示」から「新規ガイド」を選択します。

表示

新規ガイド

 

今度は「垂直方向」にチェックを入れ、「位置」にカンバスサイズの半分の数字を入れます。

新規ガイド 垂直方向

 

すると、このように真ん中に縦線が入ります。

2つめの新規ガイドが適用されました

このガイドを目安に、ななめのストライプをつくっていきます。

ベースとなる形をつくる

1.ツールバーから「ペンツール」を選択します。

ペンツールを選択

 

2.メニューバーの下で、ペンマークの横を「シェイプ」にし、「塗り」と「線」を設定します。

ペンツールの設定

「塗り」はストライプに使いたい色にします。「線」は透明(なし)にしておくと、キレイにつくりやすいかと思います。

 

3.ペンツールで、ガイドに沿ってストライプの線をつくります。

斜めのストライプの作成

各ポイントを時計回り、または反時計回りにクリックしていくとこのような形ができます。

 

各ポイントは、ガイド線と外枠が重なっているところにおきます。

各ポイントの位置

これでストライプがシームレスにつながるようになります。

 

4.つづいて、右上にストライプの一部分をつくります。

斜めストライプ

ペンツールで書いてもいいですし、先ほどつくった線を複製・移動してもOKです。この場合も線の端が、ガイド線と外枠が重なる部分にくるようにします。

ここまでできたら、ベースとなる形は完成です。

つづいて、この形をパターン登録して、さまざまな場面で使えるようにしていきます。

パターンに登録する

1.レイヤーパレットで「背景」レイヤーの横にあるアイコンを消して、背景を非表示にします。

背景を非表示に

 

すると、このように背景が透明になります。

背景が透明になった状態

 

2.メニューバーの「編集」から「パターンを定義」をクリックします。

編集をクリック

パターンを定義

 

3.ダイアログが出ますので、好きなパターン名を入力し、「OK」をクリックします。

パターンの登録

これでパターンとして登録されました。

では、さっそく使ってみましょう。

スポンサーリンク

斜めのストライプの使い方

レイヤー全体に使う場合

レイヤー(全体)を塗りつぶす時は「塗りつぶし」を使います。

 

1.塗りつぶしたいレイヤーをアクティブにします。

塗りつぶしたいレイヤー

 

2.メニューバーの「編集」から「塗りつぶし」を選択します。

編集

塗りつぶし

 

3.塗りつぶしのダイアログが出ますので、「内容」を「パターン」にします。

塗りつぶし→パターン

 

4.登録されているパターンが表示されます。

パターンを選択

先ほど登録したパターンを選び、「OK」をクリックします。

 

5.全体が、斜めのストライプで塗りつぶされました。

斜めのストライプで塗りつぶされました

ロゴやオブジェクトに使う場合

ロゴやオブジェクトに斜めのストライプを使う場合は、「レイヤースタイル」から行います。

今回は、この文字にストライプを入れてみます。

 斜めのストライプで塗りつぶす

 

1.レイヤーパレットから、文字のレイヤーをダブルクリックします。

文字レイヤーをダブルクリック

 

2.レイヤースタイルの設定ができるようになります。

パターンオーバーレイを選択、設定

「パターンオーバーレイ」にチェックを入れ、「パターン」から斜めのストライプを選べばOKです。

その下にある「比率」を変えると、ストライプの大きさを変えることができます。

 

ここでは、文字にあわせてストライプのサイズを小さくしてみました。

文字に斜めのストライプが適用されました

このように、「レイヤースタイル」を使うと、パターンの大きさを自由に変えることができます。

 

斜めのストライプは、ほかの模様と組み合わせても面白いですよ。

背景に斜めのストライプを使った状態

「星の形」の作り方はこちらの記事でくわしく解説しています。

【使いどころいろいろ】Photoshopでシンプルな星の形をつくる方法
Photoshopでシンプルで星の形をつくる方法を紹介します。 この方法を使うと、角がとがったオーソドックスな星や 角が丸くてかわいい感じの星を簡単につくることができます。 また...

おしまいに

今回は、Photoshopで斜めのストライプを作る方法でした。

斜めのストライプはいろいろな場面で使えます。簡単にできますので、よかったら参考にしてみてくださいね。