【ちょっぴりアニメ風】Photoshopで写真をイラスト風に加工する方法

Photoshop

Photoshopを使って、写真をイラスト風に加工する方法を紹介します。

写真によって合う合わないはありますが、うまくはまるとアニメの背景っぽくなって楽しいですよ。

hotoshopで写真をイラスト風に加工する方法

Photoshopだけで簡単に加工できますので、よかったら参考にしてみてください。

というわけで、さっそくその方法です。

写真をイラスト風に加工する

今回は、ぱくたそさんのフリー素材を使って加工してみます。

この画像を

元画像

 

こんな感じのイラスト調にします。

イラスト風に加工

ベースとなるデザインをつくる

1.元にする画像をPhotoshopで開きます。

画像を開く

 

2.「イメージ」→「色調補正」から「HDRトーン」を選択します。

HDRトーンを選択

 

3.各数値を入力する画面になります。

パラメーターがいろいろありますが、「半径」「ガンマ」「ディティール」をいじるだけでそれらしい雰囲気になります。

今回の作例では、上の画像のように入力しています。自分でやりたい方は次の点を参考に調整してみてください。

半径」は、画面のおおよその雰囲気を調整する部分です。スライダーを動かすと描写が変わっていきますので、自分好みの雰囲気になったところでストップします。

ガンマ」は明暗差が変わります。右方向に動かすと、画面内の明暗差が小さくなります。画面全体も暗くなりますが、暗くなりすぎた時は「露光量」を上げると明るくなります。

ディティール」は描き込みの細かさを調整する項目です。マイナス方向に振ると、手描きっぽい感じに近づきます。

シャドウ」はマイナス方向に振ると、画面の暗い部分が締まります。お好みに応じていじってみてください。

彩度」は、色の鮮やかさを調整する項目です。プラス方向に振ると、画面内のカラー全体が鮮やかになります。

自然な彩度」は、彩度が足りない部分を重点的に補正する項目です。お好みに応じて、好きな方をいじってみてください。

私は、上で紹介した数字を入れたのでこんな感じになりました。

Photoshopでアニメ風の風景をつくる

これでベースとなるデザインができました。

このままでも雰囲気はありますが、イラストらしさを出すために、この上にほんのりと線画をのせてみます。

スポンサーリンク

線画をのせる

1.ここまで作業してきたレイヤーを複製します。

レイヤーを複製

レイヤーの複製は、レイヤー上で右クリック→メニュー内の「レイヤーを複製」でできます。

 

2.「イメージ」→「色調補正」から「色相・彩度」を選択します。

色相・彩度を選択

 

3.「彩度」を「-100」にします。

彩度をなくす

 

すると、こんな感じで画像がモノクロになります。

画像がモノクロになります

 

4.モノクロになったレイヤーを複製します。

 

5.レイヤー描画モードを「除算」にします。

レイヤー描画モードを除算にする

 

すると、このように画像が真っ白になります。

除算

 

6.「フィルター」→「ぼかし」から「ぼかし(ガウス)」を選択します。

ぼかし(ガウス)を選択

 

スライダーを下げていくと、画面内に線画があらわれてきます。

数字を下げるほど、線の数が減って表示されます。モチーフにもよりますが、線がうるさくならない程度にまとめるといい感じに仕上がります。

 

今回は「1.0」にしてみました。

線画の状態

 

7.「下のレイヤーと結合」で、線画とモノクロのレイヤーを結合します。

下のレイヤーと結合

「下のレイヤーと結合」は、レイヤー上で右クリックで表示されるメニューの中にあります。

 

結合すると、線画とモノクロのレイヤーが1つにまとまります。

 レイヤーが結合されました

 

8.レイヤー描画モードを「乗算」にします。

レイヤー描画モードを乗算に

 

すると、ベースとなる画像に線画がほんのりと乗り、先ほどよりもイラストっぽい雰囲気になります。

このままでも味がありますが、今回はもう少し手を加えていきます。

画面にツヤを出す

1.ベースとなるレイヤー(カラーのレイヤー)を複製します。

レイヤーを複製

 

2.「フィルター」→「ぼかし」から「ぼかし(ガウス)」を選択します。

ぼかし(ガウス)を選択

 

3.スライダーを動かし、全体がかすんで見えるぐらいにぼかします。

ぼかし(ガウス)をかける

 

今回は「10.0」にしてみました。

ぼかし(ガウス)を適用

 

4.レイヤー描画モードを「スクリーン」にします。すると、画面が明るくなりますので、ちょうどいい明るさになるまで「不透明度」を下げます。

レイヤー描画モードをスクリーンに

 

先ほどよりも画面全体に透明感とツヤが出ました。

スクリーンを適用

モチーフによっては、これで完成にしてもOKです。

が、今回の作例では、もう少しやわらかさがほしいところなので、もうひと手間かけてみます。

最終仕上げ

1.最初に全てのレイヤーを結合します。どのレイヤー上でもいいので右クリックでメニューを出し、「表示レイヤーを結合」をクリックします。

表示レイヤーを結合

 

レイヤーが1つにまとまりました。

レイヤーが結合されました

 

2.「フィルター」から「フィルターギャラリー」を選択します。

フィルターギャラリーを選択

 

3.「アーティスティック」から「塗料」を選択し、ブラシサイズを選択します。

「塗料」を選択し、ブラシサイズを調整する

 

左側のプレビューを見ながら、ほどよい感じになるようにブラシサイズを調整していきます。

ブラシサイズを調整

モチーフにもよりますが、今回は「4」にしてみました。

 

先ほどよりも手描きっぽい印象になりました。これで完成です。

アニメ風の風景に加工できました

ソフトすぎると感じる場合は、トーンカーブなどで明るさやコントラストを調整すると、画面が締まります。お好みに応じて調整してみてください。

加工する際のポイント

HDRの特性

今回の方法は、写真でよく使われている「HDR」という加工をベースにしています。

そのため、写真によって合う合わないが出てきます。

HDRは、人工物は「らしい」仕上がりになることが多いですが、花や人間・動物は「?」という仕上がりになりやすい傾向があります。

最初のHDR処理の段階で、そこそこの雰囲気が出ない場合は、うまく仕上がらない可能性が高いです。

これはHDRの性質なので、作業の際には「合う写真と合わない写真がある」という前提を頭に置いてのぞむのがおすすめです。

明暗差の処理

今回の作例では、HDRトーンの「ガンマ」を右に動かして、画像内の明暗差を小さくする処理をしました。

HDRトーンの考え方

イラストっぽさを出すための処理ですが、この考え方を利用して次のような遊び方もできます。

 

こちらもぱくたそさんのフリー画像ですが、画面内にかなりの明暗差があります。

元画像

 

HDRトーンのガンマを上げると明暗差が小さくなり、なんだか3DCGのような仕上がり(トーン)になります。

HDRトーンで明暗差をなくした例

この段階で、明るすぎると感じる場合は「ハイライト」を下げ、のっぺりとした感じがする場合は「シャドウ」を下げて暗部を引き締めます。

また、コントラストや彩度を調整すると違った雰囲気になってきます。興味のある方は、いろいろとためしながら遊んでみてください。

 

こちらもぱくたそさんのフリー画像

元画像

 

ガンマを右方向に振って明暗差を少なくすることで、全体が明るくクリアな雰囲気になります。

加工後の画像

こうした特性を知っておくと、いろいろと遊べますね。

加工の際に、画像の粗さが気になる時は「フィルター」→「ノイズ」→「ノイズ軽減」で対策できます。

もちろん「画面のざらつきをあえて残す」というやり方もアリですよ。あれこれと試してみてくださいね。

まとめ

今回は、Photoshopを使って、画像をイラスト風に加工する方法でした。

手順は少し多めですが、1つ1つの作業はとても簡単です。ちょっぴりアニメっぽい風景が手軽にできますので、興味のある方はよかったら参考にしてみてくださいね。