【とっても簡単】Photoshopでキラキラを作る方法【星模様】

Photoshop

Photoshopでキラキラを作る方法を紹介します。

Photoshopでキラキラを作る方法

こんな感じのキラキラした星模様をつくって、画面を彩ってみます。

シンプルですが、星模様があるといろいろと遊べます。今回はイラストに使っていますが、もちろん写真にも使うことができます。

Photoshopでキラキラした星模様 サンプル

Photoshopで簡単にできますので、よかったら参考にしてみてくださいね。

キラキラした星模様の作り方

今回の作例ではPhotoshop CCを使っています。CSでもできましたので、CS以降のバージョンでしたら同じやり方でできると思います。

元になる直線を作る

1.新規レイヤーを作成します。

新規レイヤーを作成

 

2.ツールバーから「鉛筆ツール」を選びます。

鉛筆ツールを選択

 

鉛筆の太さはメニューバーの下から変えられます。太さはお好みでOKです(今回の作例では12pxで描いています)。

鉛筆の太さの設定

 

3.キャンバスのどこでもいいので、横線を引きます。SHIFTを押しながら横にドラッグすると、まっすぐにひけます。

直線をひく

 

4.「フィルター」→「ぼかし」から「ぼかし(移動)」を選択します。

ぼかし(移動)

 

5.線の両端のぼかし具合を調整する画面になります。スライダーを動かすと、線の端のボケ方が変わっていきます。

ぼかし(移動)の設定方法

 

両端はある程度ボケている方が、雰囲気が出やすくなります。今回は「152」にしてみました。

ぼかし(移動)を適用

これで元となる直線ができました。これを複製&変形させて、キラキラの形にしていきます。

キラキラの形にしていく

1.先ほどのレイヤーを複製します。

レイヤーの複製

 

レイヤーの複製は「レイヤー」→「レイヤーを複製」でできます。

レイヤーを複製する手順

 

キャンバスの表示自体は変わりませんが、最初の直線の上に、複製した直線が重なっています。

複製した状態

 

2.「編集」から「自由変形」を選択します。

自由変形

 

3.ツールバーの下にボックスが表示されます。赤で囲んだ部分に数字を入れると、複製した直線の角度が変わります。

自由変形 角度の変更

 

たとえば「45」を入力すると・・・

45度回転

このように、複製した直線が45度回転します。

 

また、「W」と「H」を変更すると、縮尺を変えることができます。

自由変形 縮尺の変更

 

4.「レイヤーの複製」と「自由変形で角度や長さを変える」を繰り返して、キラキラの形にしていきます。

フォトショップでキラキラの形をつくる

 

斜めの線は「45度」「-45度」、縦線は「90度」で入れることができます。

キラキラの形が完成

縦線を少し長くすると、それっぽい雰囲気になります。110~120%あたりにするといい感じかも。

これでキラキラの形ができました。つづいて、これをブラシとして登録します。

ブラシとして登録する

1.「編集」から「ブラシを定義」を選択します。

ブラシを定義

 

2.ブラシ名をつけます。今回はデフォルトのまま「ブラシのサンプル1」にしました。

ブラシ名の設定

 

すると、このように新しいブラシとして登録されます。

新しいブラシとして登録されました

では、さっそく使ってみましょう。

キラキラの使い方

キラキラは、写真でもイラストでも使うことができます。

今回はこのイラストを例にキラキラを入れてみます。

キラキラ作例 サンプル

参考こちらの記事で、この画像の背景の作り方を紹介しています。

【かわいい&キラキラ】Photoshopで少女マンガみたいな背景を作る方法
Photoshopで、少女マンガに出てくるような背景の作り方を紹介します。 カラフルなバックに光の輪とキラキラが入った演出は、アニメでもよく使われていますね。 Photoshopとマウスだけで簡単...

キラキラの入れ方

1.ツールバーから「ブラシツール」を選択します。

キラキラした星模様の入れ方

 

2.先ほど作ったブラシを選択し、直径を決めます。ここでは108pxにしてみました。

キラキラのサイズの設定

 

3.キラキラの色を決めます。ツールバーの描画色を設定(上にある色)をクリックします。

キラキラの色の設定

 

カラーピッカーが開き、キラキラの色を決められます。今回は真っ白(#FFFFFF)にしてみました。

カラーピッカーで色を選択

 

4.キラキラを入れたいところでクリックするとキラキラが入ります。まずは4つほど入れてみました。

クリックすると、キラキラが入ります

キラキラのサイズを変える

別のサイズのキラキラを入れたい時は、ブラシサイズの横にあるタブをクリックします。

キラキラした星模様のサイズ変更

 

スライダーで直径を変えると、キラキラのサイズが変わります。

キラキラの大きさを変える

 

小さいキラキラを入れてみました。

小さいキラキラが入りました

キラキラの濃さを変える

キラキラが濃いと感じる時は、レイヤーの「不透明度」を変えると薄くなります(透明に近づいていきます)。

キラキラを薄くする(透明にする)

 

不透明度を72%にしてみました。キラキラがほんのりと薄くなりました。

キラキラの不透明度を調整

 

レイヤーごとで透明度を変えたキラキラを入れるのも面白いですよ。

キラキラ濃さをランダムに

いろいろあそんでみてくださいね。

また、今回の方法を応用して、画面いっぱいにキラキラな星を散らす方法もあります。

【Photoshop】画面いっぱいにキラキラな星を散らす方法
今回はPhotoshopを使って、画面いっぱいにキラキラな星を散らす方法を紹介します。 簡単にできますので、よかったら参考にしてみてくださいね。 画面いっぱいにキラキラな星を散らす方法 ベースと...

まとめ

今回は、Photoshopでキラキラを作る方法と使い方を紹介しました。

キラキラは少し大きめに作っておくと、いろいろなサイズで使いやすくなります。よかったら参考にしてみてくださいね。