【かわいい&キラキラ】Photoshopで少女マンガみたいな背景を作る方法

Photoshop

Photoshopで、少女マンガに出てくるような背景の作り方を紹介します。

カラフルなバックに光の輪とキラキラが入った演出は、アニメでもよく使われていますね。

Photoshopとマウスだけで簡単にできますので、よかったら参考にしてみてください。

作例はPhotoshop CCで行っていますが、CSでもできましたので、CS以降のバージョンでしたら同じやり方でできると思います。

ベースとなる背景を作る

まずはベースとなる背景を作ります。今回は2つの方法を紹介します。

1つめは、背景をグラデーションにする方法です。どなたでもキレイにできます。

背景をグラデーションにする方法

 

2つめは、背景をランダムな模様にする方法です。少し手間がかかりますが、ユニークな背景になります。

背景をランダムな模様にする方法

お好きなほうで作ってみてください。

【方法1】背景をグラデーションにする

1.新規作成で、好きなサイズでカンバスを作ります。

新規作成

 

2.レイヤーパネルの下にある「レイヤー」のアイコンをクリックします。

新規グラデーションレイヤーを作成

 

3.「グラデーション」をクリックします。

グラデーションをクリック

 

4.「グラデーション」の横にあるカラーバーをクリックします。

カラーバーをクリック

 

5.グラデーションの設定ができる画面になります。

グラデーションエディターが開きます

 

6.バーの左右にある□をクリックすると、色を変えることができます。たとえば、矢印の部分をクリックすると・・・

グラデーションの設定

 

バーの下の「カラー」という項目をクリックできるようになります。クリックするとカラーピッカーが開き、色を選択できるようになります。

カラーの設定

 

カラーピッカーを開いたところです。ここで好きな色を設定します。

カラーピッカー

 

ここではこんな感じのグラデーションにしてみました。

今回のグラデーション

 

すると、こんな感じのグラデーションになります。

グラデーションの背景が完成

これで、グラデーションの背景ができました。

【方法2】背景をランダムな模様にする

1.新規作成で、好きなサイズでカンバスを作ります。

新規作成

 

2.ツールバーから「ブラシ」を選択します。

ブラシツール

 

3.ブラシの横のタブをクリックし、ブラシのサイズと種類を決めます。サイズは大きめで、やわらかめのブラシが書きやすいです。

ブラシのサイズと種類の決定

今回は半径を「227px」、種類を「ソフト円ブラシ」で作ってみます。

 

4.好きな色で画面を塗っていきます。カラーは何でもOKですが、3~4色ほど使うと雰囲気が出やすくなります。

最初に薄めの色で画面をアバウトに塗り・・・

背景の塗り方

 

ところどころに濃い色を塗り重ねていきます。

背景の塗り方 ところどころに濃い色を重ねます

 

5.「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」とすすみます。

ぼかし(ガウス)を選択

 

スライダーを動かして、画面全体のボケ具合を調整します。数字が大きくなるほど大きくボケます。

ぼかし具合の調整

「プレビュー」にチェックを入れておくと、ボケ具合をみながら作業ができます。

 

今回は全体がかすんだ感じになるようにしてみました。

全体がボケました

これでランダムな模様の背景ができました。

光の輪を入れる

つづいて、背景に光の輪を入れていきます。解説では【方法2】で作った背景を使っていますが、【方法1】の背景もやり方は同じです。

 

1.ツールバーから「楕円形ツール」を選択します。

楕円形ツールを選択

 

2.画面のどこでもいいので、ドラッグして円を描きます。SHIFTを押しながらドラッグすると、正円になります。

画面上に円を描きます

 

円は、塗りも線も透明にします。

円は透明に

 

3.「レイヤー」→「レイヤースタイル」から「光沢(内側)」をクリックします。

光沢(内側)

 

4.円の内側の光具合を調整するウインドウが出ます。

光沢(内側)の設定

設定する項目は「不透明度」「サイズ」「範囲」です。

「不透明度」は下げると、透明に近づいていきます。

「サイズ」「範囲」は、数字を大きくすると、光り方や範囲が変わってきます。いずれも円の内側に向かって広がっていきます。

 

今回は、不透明度「47」、サイズ「73」、範囲「28」に設定してみました。

光沢(内側)ができました

 

5.つづいて、円の外側の光り具合を調整します。「光彩(外側)」を選択します。

光沢(外側)

※設定画面を消してしまった場合は、メニューバーの「レイヤー」→「レイヤースタイル」→「光沢(外側)」で出せます。

 

6.入力する項目は、先ほどと同じく「不透明度」「サイズ」「範囲」です。

光沢(外側)の設定例

「不透明度」は、内側と同じにするとキレイに仕上がります

「サイズ」「範囲」は、外側をどのぐらい光らせるかの項目です。数字を大きくすると、外に広がっていきます。

 

今回は不透明度「47」、サイズ「90」、範囲「49」に設定してみました。

光沢(外側)の適用

これで光の輪ができました。

光の輪のサイズを変える、コピーする

1.メニューバーのところにある「バウンディングボックスを表示」にチェックを入れます。

バウンディングボックスを表示

 

すると、円のまわりに枠が表示されます。

円の変形

 

2.SHIFTを押しながら、ボックスの角をつかんでドラッグすると拡大・縮小ができます。

円の拡大縮小

 

3.Altを押しながら円をドラッグすると、円の複製(コピー)ができます。

円の複製

 

4.この作業を繰り返していけば、好きな大きさ・好きな場所に円を置くことができます。

さまざまな円が描けました

「自動選択」で時間短縮

円を複製すると、その分だけレイヤーが増えていきます。そのまま作業をすすめていくと「どの円がどのレイヤーなのかわからない」という状態になってしまいます。

そこでおすすめなのが、メニューバーの下にある「自動選択」。ここにチェックをいれておくと、円をクリックするだけで該当レイヤーに自動で移動してくれます。

自動選択

 

たとえば、このように5つの円がある場合も、円をクリックすればそのまま移動や拡大縮小などができます。

ダイレクトに操作ができます

いちいちレイヤーを切り替えなくてもいいので便利ですよ。

アレンジ方法

背景の色を変える

背景は、あとからでも色を変えることができます。

1.背景のレイヤーを選択し、「イメージ」→「色調補正」→「色相・彩度」にすすみます。

背景色の変更

 

2.「色相・彩度」を調整できるウインドウが表示されます。

色相・彩度

 

スライダーで色の変更ができます

色相」は色合いを調整する項目です。スライダーを動かすと、さまざまな色に変わっていきます。

彩度」は色の鮮やかさを調整する項目です。右にいくほど鮮やかになります。

明度」は色の明暗を調整する項目です。

キラキラを入れる

背景にキラキラした星模様を入れると、より背景が際立ちます。

背景にキラキラを入れる

こんな感じのキラキラ模様を簡単につくることができます。

シンプルですが、今回作った背景と組み合わせるととても面白い雰囲気になります。

作り方をこちらの記事で詳しく解説しています。よかったらご覧ください。

【とっても簡単】Photoshopでキラキラを作る方法【星模様】
Photoshopでキラキラを作る方法を紹介します。 こんな感じのキラキラした星模様をつくって、画面を彩ってみます。 シンプルですが、星模様があるといろいろと遊べます。今回はイラストに使ってい...

 

背景の色を変えたり、キラキラを入れると全体の雰囲気がガラッと変わります。いろいろためしてみてください。

【キラキラを入れたもの】

背景の色が変わると雰囲気が変わります

 

【キラキラを入れて背景の色を変えたもの】

色相・彩度の調整

 

また、今回の背景を利用して無数のキラキラを入れる方法もあります。

Photoshopで画面いっぱいにきらきらな星を入れる方法

おしまいに

今回は、Photoshopで光の輪が入った背景の作り方を紹介しました。適当に作るだけでも、少女マンガやアニメの背景っぽい雰囲気になります。

セリフやロゴなどを入れてもたのしいかと思います。よかったら参考にしてみてくださいね。