【Photoshop】画面いっぱいにキラキラな星を散らす方法

Photoshop

今回はPhotoshopを使って、画面いっぱいにキラキラな星を散らす方法を紹介します。

簡単にできますので、よかったら参考にしてみてくださいね。

画面いっぱいにキラキラな星を散らす方法

ベースとなるキラキラをつくる

1.まずベースとなるキラキラを1つ作ります。作り方はこちらの記事で紹介しています。

ベースとなるキラキラを作る

 

2.キラキラができたら、「編集」→「ブラシの定義」を選択します。

ブラシの定義

 

3.任意のブラシ名をつけます。今回は「キラキラ」と名づけてみます。

キラキラブラシ

 

4.「ウインドウ」から「ブラシ設定」を選択します。

ブラシ設定を選択

 

5.ブラシ設定の画面になります。「シェイプ」にチェックを入れ「サイズのジッター」と「角度のジッター」を100%にします。

サイズのジッターと角度のジッターを設定

 

6.次に「散布」にチェックを入れ、「両軸」にチェックを入れて「散布」を1000%にします。

ブラシ設定「散布の設定」

 

7.つづいて「カラー」にチェックを入れて「描画色・背景色のジッター」を100%にします。

ブラシ設定「カラーの設定」

これでランダムなキラキラがブラシとして使えるようになりました。さっそく使ってみましょう。

キラキラブラシの使い方

1.ツールバーからブラシツールを選択します。

ブラシツールを選択

 

2.先ほど登録した「キラキラ」を選び、「直径」でサイズを決めます。今回は60pxにしてみます。

キラキラブラシを選択

 

3.カラーはツールバーから設定できます。上がメインカラーで、下がサブカラーになります。1色だけで描きたい時は、上下を同じ色にします。

キラキラブラシ カラーの変更

今回は、この2色で描いてみます。

 

4.キャンバス上でマウスを適当にドラッグすると、その流れにあわせて大小様々な星が描写されます。

マウスをドラッグすると、星が描ける

ここでは、右上から左下にドラッグしてみました。

 

5.今度は左上から斜め下にドラッグしてみました。サブカラーが入って、2色のキラキラになりました。

キラキラな星が2色になりました

サブカラーはランダムに入ります。このような感じで、マウスをドラッグするだけで様々なキラキラが描写できます。

 

背景を黒にしても遊べます。適当にドラッグするだけで、いろいろなサイズの星が入ります。

キラキラブラシ サンプル

ブラシのサイズだけでなく、ドラッグの長さやタッチの強さでもキラキラの入り方が変わります。いろいろと試してみてくださいね。

スポンサーリンク

キラキラブラシの使用例

つづいて、この画像にキラキラをたくさん入れてみます。キラキラのカラーを白にして描いてみます。

Photoshop キラキラブラシの使用例

参考こちらの記事で、この画像の背景の作り方を紹介しています。

【かわいい&キラキラ】Photoshopで少女マンガみたいな背景を作る方法
Photoshopで、少女マンガに出てくるような背景の作り方を紹介します。 カラフルなバックに光の輪とキラキラが入った演出は、アニメでもよく使われていますね。 Photoshopとマウスだけで簡単...

 

1.ツールバーから「ブラシツール」を選択します。

ブラシツールを選択

 

2.「キラキラ」を選び、「直径」を設定します。ここでは60pxにしてみました。

キラキラブラシを選択

 

3.ツールバーでカラーを設定します。今回は白い星を入れますので、上下とも真っ白(#ffffff)にします。

キラキラブラシのカラーを選択

 

色はアイコンの上または下をダブルクリックすると変更できます。カラーピッカーが表示されて、好きな色を選べるようになります。

カラーピッカーで色の変更が可能です

 

4.画面上で様々な方向にマウスをドラッグします。

マウスを様々な方向にドラッグします

ランダムにキラキラな星模様が入って、画面がとても華やかになります。15秒ほどで完成しました。

いきなり描くのが心配な方は、星用のレイヤーを作ってそこに描くと安心ですよ。

 

ブラシのサイズを変えても遊べますね。

Photoshopで画面いっぱいにキラキラを入れる

おしまいに

今回はPhotoshopで、たくさんのキラキラな星を入れる方法でした。

普通に描くだけでも様々なキラキラが入りますので、とってもたのしいですよ。よかったら参考にしてみてくださいね。