ただいまの人気記事はこれ!TOP15を公開中

【低スペックのパソコンでもできる】動画のかんたんなつくり方

PC

動画編集には「高スペックなパソコンが必要」といわれることがあります。そのため、「動画を作ってみたいけれど、うちのPCじゃ無理」と感じている方もいるかと思います。

そこで今回は、低スペックのパソコンでもできる「動画のかんたんなつくり方」をお届けします。使用ソフトや編集方法を考えれば、貧弱なスペックなノートPCでも動画編集ができちゃいますよ。

低スペックなパソコンで動画をつくってみよう

低スペックの基準

パソコンの「低スペックでもできる」系の記事でよくあるのが、「そのパソコンのどこが低スペックなんだよ!」というものです。

それを防ぐため、今回の記事では、次のノートパソコンを低スペックの基準として書いていきます(私が実際に使っているものです)。

  • 東芝「dynabook Satellite B253 J」(2013年発売)
  • OS:Windows 7 64bit
  • メモリ:4GB
  • プロセッサー:Intel Core i3-3120M CPU @ 2.50GHz
  • グラフィック性能:Intel HD Graphics 4000(オンボード)

最近のノートパソコン・デスクトップパソコンであれば、ほとんどの機種がこれよりも上の性能だと思います。

今回の記事では、これを低スペックの基準として書いていきます。

まず知っておきたいこと

低スペックのパソコンで動画制作

PCで動画を制作・編集する時は、動画編集ソフトを使います。

「動画の編集には高スペックなパソコンが必要」といわれる根拠がこれで、ソフトによってはかなりのスペックを要求されることがあります。

逆に言えば、それほどのスペックを必要としないソフトを選べば、低スペックのパソコンでも十分に動画の制作・編集ができます。

動画制作・編集の流れ

動画の制作・編集は次の流れで行います。

  1. 元になる動画を撮る
  2. 動画編集ソフトで編集
  3. 必要に応じて、音楽やナレーション、効果音を入れる
  4. 必要に応じて、文字やテロップを入れる

元になる動画は、たとえばビデオカメラやデジタルカメラ、スマホなどで録画したものが使えます。パソコンでプレイ中のゲームを録画したものも使えます。

また、静止画をスライドのように使うといったこともできます。

低スペックのパソコンでも使える動画編集ソフト

元になる動画を用意できたら、動画編集ソフトを使って、1本の動画作品として仕上げていきます。

低スペックのパソコンでは、次のソフトがおすすめです。

AviUtl

低スペックのパソコンでもできる動画制作・編集 AviUtl

AviUtlは動画の制作・編集に便利なフリーソフトです。無料で使えて高機能な上に、非常に軽く、低スペックのパソコンでも問題なく使えます。

動画の編集のほか、動画に音声(BGM、ナレーション、効果音)や、文字・テロップを入れることもできます。

操作もシンプルでわかりやすく、「これから動画制作をはじめたい」という方にもおすすめのソフトです。「ゆっくり実況」の制作にも多く使われています。

拡張機能の導入に少し手間がかかるところもありますが、それを差し引いても最強といえるソフトかと思います。

\ かんたん!AviUtlの導入方法と使い方 /

【ゆっくり実況の作り方 その2】動画編集ソフト「AviUtl」を導入してみよう
「ゆっくり実況」の作り方 その2です。 前回の記事では「ゆっくりMoviemaker」の導入と設定をしました。 今回は「ゆっくりMoviemaker」とセットで使う動画編集ソフト「AviUtl」を...

Photoshop

低スペックのパソコンでもできる動画制作・編集 Photoshop

写真や画像の編集ソフトとして知られている「Photoshop」ですが、動画の制作や編集にも使えます。

動画制作・編集に必要な機能は一通りそろっており、非常に有用です。動画の編集のほか、動画に音声(BGM、ナレーション、効果音)や、文字・テロップを入れることもできます。

難点としては、元の動画の容量が大きいと、プレビューの際に動画がカクカクすることがあります。その場合は、Photoshopのプレビュー(再生)設定を変えることで対応します。

\ Photoshopで動画を編集してみよう /

とってもかんたん!Photoshopで動画を編集する方法
Photoshopは写真・画像の編集ソフトというイメージがありますが、動画の編集もできます。 動画編集に必要な機能がしっかりとそろっており、非常に有用です。 というわけで今回は、Photoshop...
スポンサーリンク

動画にBGM・音声・効果音を入れてみよう

上で紹介したソフトは、どちらも元の動画に音声(BGM・ナレーション・効果音など)をプラスしたり、差し替えたりすることができます。

BGM・効果音

動画にBGMや効果音が入ると、雰囲気がグッとよくなります。自前で用意してもいいですし、フリーの音源を使う方法もあります。

私がよく使っているのは、魔王魂さんの楽曲です。

全曲無料・フリー音楽素材/魔王魂
登録不要で使えるフリー音楽素材が1000点以上。全曲その場で視聴、ダウンロード可能です。全て無料で商用でも使えます。

様々なタイプの曲があり、効果音も豊富です。規約の範囲内であれば、様々な使い方ができます。

声・ナレーション

動画に音声を入れる CeVio creative studio

動画に声やナレーションを入れると、内容がより伝わりやすくなります。自分でしゃべるのもアリですが、「自分の声やしゃべりを動画に使いたくない」という方もいるかと思います。

その場合は、合成音声を使うと便利です。

ゆっくり実況

無料で使えるものでしたら、「ゆっくり」が有名ですね。

【ゆっくり実況の作り方 その1】動画とソフトを準備しよう
音声合成ソフトを使った動画に「ゆっくり実況」があります。 ゆっくり実況の例 好きなセリフをかんたんにしゃべらせることができるので、解説動画など、アイデア次第で様々な使い方ができます。 ...

かんたんにしゃべらせることができ、独特の味がある動画になります。低スペックのパソコンでも軽快に動きます。

CeVio(チェビオ)

私がよく使っているのはCeVio Creative Studioです。

CeVIO Creative Studio 通常版
フロンティアワークス

男性1人、女性2人の声が入っており、それぞれしゃべり方のカスタマイズができます。アクセントや息の長さの調整もでき、うまくハマると、本当に人間がしゃべっているような感じになります。歌も歌えます。

低スペックのパソコンでも問題なく使えます。

動画に自前のイラストを入れる

動画に自前のイラストを入れる

動画には、音声や文字のほか、自分の絵を重ねることもできます。イラストは透過PNG形式(背景が透明なPNGデータ)で保存すると、使い勝手がよいかと思います。

イラストの制作は、「CLIP STUDIO PAINT」が便利です。

CLIP STUDIO PAINTには、パッケージ版とダウンロード版があります。

【CLIP STUDIO PAINT PRO】パッケージ版とダウンロード版の違い
ペイントソフト「CLIP STUDIO PAINT PRO」には、パッケージ版とダウンロード版があります。 どちらを買ったらいいか迷っている方も多いと思います。 今回は「CLIP STUDIO...

お好みで選んでよいかと思います。ちなみに私はダウンロード版を使っています。

おしまいに

今回は、低スペックのパソコンでもできる「動画のかんたんなつくり方」をお届けしました。動画ができるとたのしいものです。よかったら参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
PC
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。