ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Photoshop】選択範囲をセンタリング(中心に配置)する方法

Photoshop

Photoshopで選択範囲をセンタリング(中心に配置)する方法をお届けします。

この方法を使うと、楕円形選択ツールや長方形選択ツールで作った選択範囲をかんたんに中央に持ってくることができます。

【Photoshop】選択範囲をセンタリング(中心に配置)する方法 サンプル画像

 

画像上でも、画像を損なうことなく選択範囲を中央に配置できます。

【Photoshop】選択範囲をセンタリング(中心に配置)する方法 サンプル画像2

今回はかんたんにできる2つの方法を紹介します!

まずはレイヤー構成を確認してみよう

選択範囲のセンタリングは、「まっさらな(何も作業をしていない)背景レイヤー上」で行います。

背景レイヤー

背景レイヤーとは、レイヤー名に「背景」とついているレイヤーのことをいいます。

では、まずはレイヤーパネルに「まっさらな背景レイヤー」があるかを確認してみましょう。

新規カンバスを作成した場合

背景レイヤーの例

Photoshopの「新規作成」から新規カンバスをつくった場合は、最初から「まっさらな背景レイヤー」が表示されています。

このレイヤーに作業をしていけばOKです。

カンバスを作成せずに直接画像を開いた場合

新規カンバスの作成を行わずに、Photoshopで直接画像を開いた場合は、画像の入ったレイヤーが「背景レイヤー」になっています。

たとえば、メニューバーの「ファイル」→「開く」で画像を開いた場合は

画像を開いた場合の背景レイヤー

 

このように、画像(のレイヤー)が「背景レイヤー」になっています。

背景レイヤーが画像のレイヤーになっている

が、今回の作業は、画像などが入っていない「まっさらな背景レイヤー」で行う必要があります

というわけで、次の手順で新たに「まっさらな背景レイヤー」をつくります。

1.レイヤーの右にあるカギマークをクリックします。

カギマークをクリック

 

2.すると、カギが解除されて、ふつうのレイヤー(レイヤー0)になります。

背景レイヤーが通常のレイヤーになりました

 

3.レイヤーパネルの下にある「新規レイヤーを作成」を押します。

新規レイヤーを作成

 

4.新規レイヤー(レイヤー1)ができました。

新規レイヤー(レイヤー1)

 

5.レイヤー1(今作ったレイヤー)を選択した状態で、メニューバーの「レイヤー」→「新規」とすすみ、「レイヤーから背景へ」を選択します。

「レイヤーから背景へ」を選択

 

7.すると、レイヤー1が「背景レイヤー」になり、いちばん下に移動します。

背景レイヤーができました

これで「まっさらな背景レイヤー」ができました。

この場合以外でも、レイヤーパレットに「まっさらな背景レイヤー」がない場合は、同じ方法でつくればOKです。

スポンサーリンク

選択範囲のセンタリングをしてみよう

ここからの作業は、レイヤーパネルで「背景レイヤー」を選択した状態で行っていきます。

また、メニューバーの「表示」から「スナップ」にチェックが入っているかみてみましょう。

メニューバーの表示

「スナップ」にチェック

チェックが入っていない場合は、「スナップ」をクリックしてチェックを入れます。

 

もし「まっさらな背景レイヤー」の上に画像などのレイヤーがある場合は、非表示にしておきます。

背景レイヤー以外は非表示

これで準備はOK!いよいよ選択範囲をセンタリングするよ。今回は「かんたんなやり方」と「ガイド線を使ったやり方」を紹介するよ。
どちらも同じように選択範囲をセンタリングできるよ。まずはかんたんな方からいってみよう!

かんたんなやり方

1.まずは選択ツールで、好きな場所に選択範囲をつくります。

選択ツールで好きな場所に選択範囲をつくる

ここでは楕円形選択ツールを使っていますが、長方形選択ツールでもやり方は同じです。

 

2.ツールバーの「移動ツール」を選択します。

移動ツール

 

3.すると、選択範囲を移動できるようになります。

選択範囲を移動

 

4.選択範囲を移動させていくと、「選択範囲の中心点」がカンバスの水平または垂直に重なると、色つきのラインが表示されます。

選択範囲の移動方法

 

5.縦と横の線がどちらも表示される位置まで移動させます。これで中心点がぴったりと合います。

選択範囲が中央にぴったり合いました

 

6.選択範囲のセンタリングができました。

選択範囲のセンタリング

 

7.画像などのレイヤーを非表示にしていた方は、「表示」に切り替えてみましょう。すると、選択範囲はそのままに、該当レイヤーが表示されるようになります。

選択範囲を画像の中心に配置

いったんセンタリングができていれば、あとから画像などのレイヤーを表示してもそのまま選択範囲の位置がキープされるってことだね。
画像がある場合も、まずは「背景レイヤー」で作業するのがポイントだよ!

中心がわかりやすくなる!ガイド線を使う方法

ガイド線を使う方法

センタリングの基本的な作業は同じですが、中心点の目安として、ガイド線を表示して作業することもできます。ガイド線は次の方法で表示できます。

 

1.メニューバーの「表示」から「新規ガイド」を選択します。

表示

新規ガイド

 

2.ダイアログが出たら「垂直方向」を選び、位置を「50%」にします。

「垂直方向」を選び、位置を「50%」にします

 

これで垂直方向の中心線が入りました。

垂直方向の中心線が

 

3.再びメニューバーの「表示」から「新規ガイド」を選択し、「水平方向」にチェックを入れて位置を「50%」にします。

「水平方向」にチェックを入れて位置を「50%」に

 

これで水平方向の中心線が入りました。

水平方向の中心線

2つの線がクロスしているところが中心点です。では、これを目安に、選択範囲を中心にもっていってみましょう。

 

4.選択ツールで好きな場所に選択範囲をつくります。

好きな場所に選択範囲をつくります

ここでは楕円形選択ツールでつくってみましたが、長方形選択ツールでもやり方は同じです。

 

5.ツールバーの「移動ツール」を選択すると、選択範囲を移動できるようになります。

「移動ツール」を選択

 

7.選択範囲を移動させている際に、ガイド線に「選択範囲の中心点」がふれると、ガイド線の色が変わります。

選択範囲を中央に合わせる

縦線、横線ともに色が変わるように動かしてみましょう。

 

8.ガイド線の色が2本とも変わればOKです。これで「選択範囲の中心点」と「カンバスの中心点」が一致しました。センタリング完了です。

選択範囲が中央になりました

ガイド線は必要なければ、メニューバーの「表示」から「ガイドを消去」で消すことができます。

ガイドを消去

基本的なやり方は一緒だけど、ガイド線があると中心点が分かりやすくていいね。
ちなみに「選択範囲の中心点」が「カンバスの中心点」に近づくと、吸着されてピタッと位置が合うようになっているよ。

まとめ:知っておくと便利!

Photoshopの選択範囲をセンタリングする(中心に持ってくる)方法

今回は、Photoshopの選択範囲をセンタリングする(中心に持ってくる)方法をお届けしました。選択範囲を中心に配置できるといろいろな使い方ができます。

RPG 主人公の周りだけ明るくする演出

ゲームを作る方だったら、中央に配置した選択範囲をくり抜けば、「主人公のまわりだけしかみえない演出」もできるよ!

\ 今回の方法を応用してみよう /

【Photoshop】画像やレイヤーのまんなかをくり抜く(切り抜く)方法
今回は、Photoshopで画像やレイヤーのまんなかをくり抜く(切り抜く)方法をお届けします。 この方法を使うと、画像やレイヤーのまんなかを「円」や「四角」でくり抜いたり、 グラデーション...

\ こちらもおすすめ /

【Photoshop】オブジェクトを中央に配置する方法 |画像でも文字でもOK
Photoshopでオブジェクトを画面の中央に配置する方法を紹介します。 手動でやると位置合わせが難しく、苦労している方も多いかと思います。 この方法を使うと簡単に真ん中に配置できますので、よかっ...
Amazonをお得に使ってみよう!

Amazonギフト券 チャージタイプがお得

Amazonで買い物するなら、チャージタイプがおすすめ!

チャージするたびに最大2.5%のポイントがたまってお得ですよ。

\ TRY NOW! /

Amazonギフト券への入金方法をみる

スポンサーリンク
Photoshop
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。
タイトルとURLをコピーしました