Photoshopで背景(キャンバス)全体にカラーハーフトーンを入れる方法

Photoshop

今回は、Photoshopを使って、背景全体にカラーハーフトーンを入れる方法をお届けします。

カラーハーフトーンは、水玉(ドット)がだんだんと小さくなっていく模様です。

Photoshopで背景全体にカラーハーフトーンを入れる方法

前回は、範囲を決めて入れる方法を紹介しましたが、今回はキャンバス全体に入れる方法を紹介します。

ドットの大きさはもちろんのこと、色も自由に変えられます。単色、グラデーションのどちらもできますよ。

というわけでさっそくその方法です。

カラーハーフトーンの作り方

今回の作例ではPhotoshop CCを使用していますが、CSでもできましたので、CS以降のバージョンでしたら同じやり方でできるかと思います。

作例ではキャラクターを入れていますが、もちろんナシでもOKです。

カラーハーフトーンを入れる準備

1.キャラクターだけのレイヤーを用意します。ここでは「にんげんレイヤー」と名づけます。

にんげんレイヤー

 

2.キャラクターの下に新規レイヤーを用意して、白く塗りつぶします(レイヤー1と名づけます)。

 

塗りつぶしは「編集」→「塗りつぶし」でできます。すると、このような感じで背景が白になります。

背景を塗りつぶし

 

3.ツールバーの赤で囲んだ部分をクリックして、クイックマスクモードにします。

クイックマスク

 

4.ツールバーのグラデーションツールをクリックします。

 

グラデーションツールは、画面上でドラッグした向きにグラデーションをかけられるツールです。

たとえば縦にかける場合は、画面の上から下までドラッグします(画面の外から外までかけるようにするといい感じになります)。

グラデーションツールのかけかた

 

すると、このように上から下に向かってのグラデーションが入ります。

Photoshop グラデーションツール

ドラッグする方向や距離によって、グラデーションの入り方が変わりますのでいろいろためしてみてください。

 

5.メニューバーの「フィルタ」→「ピクセレート」から「カラーハーフトーン」を選択します。

カラーハーフトーンを選択

 

6.「最大半径」と「チャンネル」に数字を入れます。

カラーハーフトーン 最大半径とチャンネル

「最大半径」と「チャンネル」の入れ方

「最大半径」は水玉ドットの大きさを決める項目です。数字を大きくするほど、水玉が大きくなります。

「チャンネル」は、水玉ドットの角度を決める項目です。4つのチャンネルに同じ数字を入れるとキレイにできます。数字は「45」と「90」がよく使われます。

 

まずは分かりやすい「90」を例にあげてみます。すべてのチャンネルに「90」を入れます。

 カラーハーフトーン 90

 

すると、水玉ドットがまっすぐに並んで表示されます。これが90です。

チャンネル90

 

つづいて、「45」の場合をみてみます。すべてのチャンネルに「45」を入れます。

カラーハーフトーン 45

 

すると、水玉がクロスしたように並びます。これが45です。

チャンネル45

このように、入れる数字によって水玉ドットの角度が変わりますので、いろいろとためしてみてください。

 

今回の作例では、キャンバスが大きめなので最大半径を「100」にして、チャンネル「45」ですすめていきます。

最大半径100 チャンネル45

クイックマスクの解除と選択範囲の反転

7.最大半径とチャンネルの入力ができたら、ツールバーの赤で囲んだ部分をクリックして、マスクを解除します(画像描画モードになります)。

 

 

すると、水玉ドットについていた色が消え、このような表示になります。

クイックマスクを解除

 

8.メニューバーの「選択範囲」から「選択範囲を反転」をクリックします。

選択範囲を反転

 

わずかではありますが、先ほどと表示が変わります。

選択範囲を反転した状態

これでカラーハーフトーンの準備は完了です。さっそく色をつけていきましょう。

スポンサーリンク

カラーハーフトーンに色をつける

カラーハーフトーンの着色は、これまで作業してきたレイヤー(レイヤー1)の上に「新規塗りつぶしレイヤー」をつくって行います。

単色でつける

1.メニューバーの「レイヤー」→「新規塗りつぶしレイヤー」から「べた塗り」を選択します。

べた塗りレイヤー

 

このレイヤーは、レイヤー1の上に置きます。

べた塗りレイヤーはレイヤー1の上に置く

 

2.すると、べた塗りした色でカラーハーフトーンに色がつきます。

カラーハーフトーンに色がつきました

 

3.赤で囲んだ部分をダブルクリックすると、カラーハーフトーンの色を変更することができます。

カラーハーフトーンの色を変更

 

何度でもやり直しができますので、いろいろ試して好きな色をえらんでみてください。

カラーハーフトーンの色を変更しているようす

グラデーションをかける

新規塗りつぶしレイヤーを「べた塗り」ではなく、「グラデーション」にすると、カラーハーフトーンにグラデーションをかけることができます。

1.メニューバーの「レイヤー」→「新規塗りつぶしレイヤー」から「グラデーション」を選択します。

グラデーションレイヤーを選択

 

2.カラーハーフトーンにグラデーションが入りました。

カラーハーフトーンにグラデーションが入りました

 

3.赤で囲んだ部分をダブルクリックすると、カラーハーフトーンのグラデーションを変更することができます。

グラデーションの変更

 

色のほか、グラデーションのパターンや角度などを変えることができます。

カラーハーフトーンのグラデーションを変更

 

ウインドウの「グラデーション」をクリックすると、パターンや色を細かく設定できます。

グラデーションパターンの変更

まとめ

今回はPhotoshopを使って、背景(キャンバス)全体にカラーハーフトーンを入れる方法を紹介しました。

この方法を応用して、カラーハーフトーンを好きな形で表示させることもできます。

【Photoshopで水玉模様】カラーハーフトーンを好きな形で表示する方法
Photoshopでカラーハーフトーンを好きな形にして使う方法を紹介します。 カラーハーフトーンとは、水玉(ドット)がだんだんと小さくなっていく模様・トーンのことをいいます。背景などによく使われ...

 

そのほか、シーンによっては「選択範囲を決めて入れる方法」もおすすめです。

よかったら参考にしてみてくださいね。

【水玉模様】Photoshopでカラーハーフトーンを作る方法【単色&グラデーション】
今回はPhotoshopでカラーハーフトーンを作る方法をお届けします。 カラーハーフトーンとは、背景などによく使われるトーンの1つです。 水玉模様(ドット)が、だんだんと小さくなっていくの...
Photoshop
スポンサーリンク
ゆずゆをフォローする
この記事を書いた人
ゆずゆ

読むと、ちょっぴり役に立つ&たのしくなるコンテンツを発信しています。クッピーラムネとAmazonのFire HD8がお気に入り。雑貨マニア。

ゆずゆをフォローする
ゆずゆろぐ。