ポイントが貯まる!Amazonでお得に買い物をしてみよう

【ゆっくり実況の作り方 その4】いよいよ完成!動画の仕上げと出力方法

PC

「ゆっくり実況」の作り方 その4、今回が完結編です。

この記事では「ゆっくりMoviemaker」でつくった動画データを「AviUtl」で仕上げ、一般的な動画形式に変換します。

いよいよ「ゆっくり実況」が完成しますよ!

\ 前回までの記事はこちら /

ゆっくり実況の作り方 その1

ゆっくり実況の作り方 その2

ゆっくり実況の作り方 その3

AviUtlの準備をしよう

AviUtlの準備

まずは「ゆっくりMoviemaker」で作った動画データを、「AviUtl」で表示できるようにします。

動画データの読み込み方法

1.「AviUtl」を起動します。

「AviUtl」を起動

 

2.「設定」から「拡張編集の設定」を選択します。

「拡張編集の設定」を選択

 

3.「タイムライン」が表示されます。

「タイムライン」が表示

 

4.「ゆっくりMoviemaker」でつくった「○○.exo」ファイルを、タイムラインにドラッグします。

タイムラインにドラッグ

 

5.これで「ゆっくりMoviemaker」でつくったデータが、AviUtlに読み込まれました。

AviUtlに読み込まれました

 

AviUtl本体には動画のプレビューが表示されます。

動画のプレビュー

AviUtlの表示設定をしよう

つづいて、動画を編集しやすくするために、AviUtlの表示を「WindowSize」にします。

AviUtl本体の画面上で右クリックをして、「拡大表示」から「WindowSize」を選択します。

「WindowSize」を選択

これで、プレビュー画像が画面内にきちんと表示されるようになります(この設定しておかないと、画像が見切れて表示されます)。

再生ウインドウを表示させよう

つづいて、再生した動画をみるための「再生ウインドウ」を表示させます。

 

1.「表示」から「再生ウインドウの表示」を選択します。

「再生ウインドウの表示」を選択

 

2.これで再生ウインドウが表示されました。

再生ウインドウが表示

 

4.パソコンの画面上で「再生ウインドウ」「AviUtl本体」「タイムライン」と、3つの項目が表示されていればOKです。

「再生ウインドウ」「AviUtl本体」「タイムライン」

この状態で編集作業をしていきます。

動画を編集してみよう

AviUtlは、次のようにして操作や編集を行います。

動画の再生

動画を再生するときは、スペースキーまたは「再生ウインドウ」の再生ボタンを押します。

AviUtl 動画の再生

すると、「再生ウインドウ」で動画が再生されます。これをみながら、動画のチェックをしていきます。

ちなみに、AviUtl本体では動画は再生されません。本体で表示されるのは、タイムラインのプレビュー画像のみです。

タイムラインの操作・編集方法

編集は、主にタイムライン上で行います。

動画の編集

青いバーで表示されているのが画像(映像)や文字、赤いバーで表示されているのが音声です。

 

タイムラインは「その時間に何をするか」を示しています。画像の矢印のところをみてみましょう。

タイムラインは「その時間に何をするか」を示しています

ここでは「ゆっくり霊夢」のバーがはじまっています。つまり、この時間になると「ゆっくり霊夢」が表示される(登場する)ということです。

 

タイムラインに表示されているバーは、ドラッグで動かすことができます。

タイムラインのバーは、ドラッグで動かせます

このようにして、音声や画像の入るタイミングを変えることができます。

もちろん、タイミングに問題がなければ、特に編集しなくても大丈夫です。

音声やテキストの編集

音声やテキストをより細かく調整する時は、編集したいバーをダブルクリックします。

すると、編集用のウインドウが開き、より細かな調整ができるようになります。

編集したいバーをダブルクリック

編集したいバーをダブルクリック2

このようにして動画を仕上げていきます。

ゆっくりの表情を変えるには

また、AviUtlでは、ゆっくりの表情をかんたんに変えることができます。

こちらの記事でやり方をくわしく解説しています。

【ゆっくり実況】AviUtlでゆっくりの表情を変える方法
ゆっくり実況を作っていると、キャラクターの表情を変えたいシーンが出てきます。 そこで今回は、AviUtlでゆっくりの表情を変える方法をお届けします。 たとえばこんな感じ この方法を使うと、動...

ゆっくりを震えさせるには

AviUtlの「震える」という効果を使うと、ゆっくりをかんたんに震えさせることができます。

こちらの記事でやり方をくわしく解説しています。

【かんたん】AviUtlでゆっくりを震えさせる方法
ゆっくり実況動画を作っていると、「ここでゆっくりを震えさせたい」というシーンが出てきます。 そこで今回は、ゆっくりをAviUtlでかんたんに震えさせる方法をお届けします。 こんな感じで震えます ...

動画の音がずれている時は

AviUtlの初期設定のままで動画を読み込むと、映像と音がずれていることがあります。

これは「音ズレ」と呼ばれる現象で、いくつかの設定を見直すことで解消できます。

こちらの記事でくわしく解説しています。

AviUtlで動画の音ズレを解消する方法
AviUtlで動画を読み込むと、なぜか映像と音がずれていることがあります。 この「音ズレ」の現象に悩んでいる方も多いかと思います。 というわけで今回は、AviUtlで音ズレを解消する方法をお届けし...

動画を書き出してみよう

動画ができたら、動画ファイルとして書き出してみましょう。

 

1.「ファイル」から「プラグイン出力」とすすみ、「拡張x264出力(GUI)Ex」を選択します。

「拡張x264出力(GUI)Ex」を選択

 

3.「ビデオ圧縮」をクリックします。

「ビデオ圧縮」をクリック

 

4.「プロファイル」をクリックします。

「プロファイル」をクリック

 

保存したい動画の種類を選ぶことができます。特に決まっていなければ、そのままでOKです。

「プロファイル」

あとは任意の名前をつけて「保存」で、動画ファイルが保存されます。

動画の再生確認&完成へ

動画の書き出しができたら、さっそく再生してみましょう。

再生してみて、「ここはカットしたほうがよかったかも」という箇所がある場合は、次の方法で編集できます。

【AviUtl】動画の不要な部分をカットする方法
フリーの動画編集ソフト「AviUtl」は、動画の中の不要な部分をかんたんにカットすることができます。 というわけで今回は、AviUtlで動画をカットする方法をお届けします。 まずはAviUtlの準...

こうして、自分だけの動画ができれば完成です。

ゆっくり実況ができました!

保存した動画は、動画サイトにアップしたり、自分のサイトに貼ることができます。

お疲れ様でした!

\ これまでの記事はこちら /

ゆっくり実況の作り方 その1

ゆっくり実況の作り方 その2

ゆっくり実況の作り方 その3