ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Photoshop】モノクロイラストの線の色をグラデーションにする方法

Photoshop

今回はPhotoshopでモノクロイラストの線画部分を好きなカラーやグラデーションにする方法をお届けします。

この方法を使うと、イラストの線画やべた塗りした部分の色がグラデーションになります。

【Photoshop】モノクロイラストの線をグラデーションにする方法

グラデーションの色合いや度合いは自由に変更できます。

というわけで、さっそくやってみましょう。

Photoshopの記事一覧

線の色をグラデーションにしてみよう

今回は例としてこのモノクロイラストを使ってみます。

モノクロイラスト

イラストのカラーは、線とそれ以外の部分の色がはっきりとわかれていれば、白黒でなくてもOKです。

可能であれば、あらかじめ背景を透過処理しておくと作業がしやすくなります。

背景を透過処理したもの

では、やってみましょう。

手順

1.Photoshopで任意のイラストを開きます。

任意のイラストを開きます

 

レイヤー構成は次の通りです。

レイヤー構成

「キャラ」という名前のレイヤーが今回の作業で使用するイラストのレイヤーです。

作業を行う際には、背景を非表示にすると、作業がしやすくなります。

背景を非表示

 

イラストの背景をあらかじめ透過処理している場合は、下の画像のように背景が透明になります。

背景が透明に

 

2.レイヤーパネルでイラストのレイヤーを右クリックします。

レイヤーを右クリック

 

メニューが開きますので「レイヤーを複製」を選択します。

「レイヤーを複製」

 

すると、「キャラ」レイヤーが複製され、「キャラのコピー」というレイヤーができます。

レイヤーが複製されました

 

3.ここからの作業は、「キャラのコピー」レイヤーで行います。そのため、「キャラ」レイヤーをはいったん非表示にしておきます。

レイヤーを非表示に

 

4.「キャラのコピー」レイヤーをクリックして選択状態にします。

レイヤーを選択

 

その状態で、画面左端のツールバーから「自動選択ツール」を選択します。

「自動選択ツール」

 

5.どこでもいいのでイラストの白い部分をクリックします。

選択ツール

すると、クリックした部分が点線で囲まれます。ここでは例としてポニーテール部分をクリックしてみました。点線で囲まれていますね。

 

そして、キーボードのDeleteキーを押します。すると、囲まれた部分の色が消え、透明になります。

自動選択ツールを使用

 

6.この作業を繰り返していきます。

作業を繰り返します

 

線とべた塗り以外の部分が透明になればOKです。

線画のみになりました

 

7.レイヤーパネルで「キャラのコピー」レイヤーをダブルクリックします。

レイヤーをダブルクリック

 

すると「レイヤースタイル」のパネルが開きます。

「レイヤースタイル」

左に表示されているスタイルから「グラデーションオーバーレイ」を選択し、任意のグラデーションを設定します。

これで、イラストの線がグラデーション状になります。

イラストの線がグラデーション状に

が、このままでは線画だけなので、もう1つだけ作業を行いましょう。

 

8.最初に非表示にしておいた「キャラ」レイヤーを表示状態にします。

レイヤーを表示状態に

 

すると、白い部分が表示されるようになり、線画の色だけをグラデーションにした状態になります。

線画だけをグラデーションに

 

もちろんキャンバスの背景を表示状態にしてもOKです。

背景も表示状態に

これで完成です!

スポンサーリンク

今回の記事で使用したツール

Photoshop 線画の色をグラデーションにする

今回の記事で使用したツールは次の通りです。

【Photoshop】

【Affinity Designer】

Affinity Designer – プロフェッショナル向けのグラフィックデザインソフトウェア
Windows、Mac、iPadで使えるAffinity Designerは、デザインの世界に新たな業界標準を打ち立てた、受賞歴のあるベクターグラフィックスソフトウェアです。

サンプルイラストの作成に使いました。Adobeのillustratorに近い機能を持つグラフィックツールです。買い切りで使えるのでとても便利です。

線画の色をグラデーションにすると、ユニークな雰囲気になります。

ちなみに今回の記事では、レイヤースタイルを「グラデーションオーバーレイ」にしましたが、「カラーオーバーレイ」にすると、線のカラーを単色にできます。

よかったら参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました