ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Photoshop】任意の形状でモザイクをかける方法【何度でも修正できます】

Photoshop

今回はPhotoshopで任意の形状でモザイクをかける方法をお届けします。

通常、Photoshopでモザイクをかける時は「選択ツール」がよく使われます。

「選択ツール」

 

これらのツールで、モザイクをかけたいところを囲む・または選択するわけですね。

「選択ツール」図形など

「選択ツール」自動選択など

……が、意外と難しいのがその範囲の選択。自分が思ったような形状にしようと思うと、かなり大変です。

そこで今回は、かんたんに任意の形状でモザイクをかける方法をお届けします。

Photoshopの記事一覧

任意の形状でモザイクをかける方法

今回は例として、このイラストの矢印のキャラにモザイクをかけてみます。

【Photoshop】任意の形状でモザイクをかける方法

手順

1.Photoshopでモザイクをかけたい画像を開きます。

モザイクをかけたい画像

 

レイヤー構成は次の通りです。

レイヤー構成

ここで例として、画像名を「sample」という名称にしています。

 

2.レイヤーパネルで「新規レイヤー」ボタンを押します。

「新規レイヤー」

 

すると、画像レイヤーの上に「レイヤー1」というレイヤーがつくられます。

新規レイヤー

ここからは、この新しくできたレイヤー(レイヤー1)を選択した状態で作業をしていきます。

 

3.「ブラシツール」または「図形ツール」を使って、モザイクをかけたい範囲を塗ります(覆います)。

「ブラシツール」

「図形ツール」

 

モザイクをかけたいところを塗れればいいので、色はなんでもOKです。

モザイクをかけたいところを塗ります

ここでは例として、ブラシツールで塗ってみました。

ブラシで塗ったところは加筆したり、消しゴムで修正したりできます。図形ツールを使っている場合は、変形や拡大縮小もできます。

ですので、今回の例ではアバウトに塗っていますが、任意の位置や形状で塗ることがしやすい方法です。

 

塗った範囲が分かりづらいときは、レイヤーパネルで「不透明度」を下げます。

「不透明度」

 

すると、下が透けてみえるので位置や範囲の調整がしやすくなります。

不透明度の調整

 

4.モザイクの形状や範囲が決まったら、キーボードのCtrlキーを押しながら「レイヤー1」の左側のサムネイルをクリックします。

レイヤーパネル

 

すると、先ほどブラシツールや図形ツールで描いたところが選択されます。

ブラシツールや図形ツールで描いたところが選択

 

5.レイヤーパネルで、画像のレイヤーを選択します。

画像のレイヤーを選択

 

作業がわかりやすくなるように、「レイヤー1」の左端の目のアイコンをクリックして非表示にしましょう。

「レイヤー1」を非表示

 

これで、ブラシツールや図形ツールで描いたレイヤーが非表示になりました。

選択範囲が有効

ですが、選択範囲はそのまま有効になっています。ここがポイントです。

 

6.あとは通常のモザイクをかけるときと同じ手順でOKです。画面上部のメニューから「フィルター」→「ピクセレート」→「モザイク」を選択します。

フィルター

「ピクセレート」→「モザイク」

 

あとは「セルの大きさ」で、モザイクの度合いを調整します。

モザイクの度合いを調整

 

任意の形状でモザイクをかけることができました。

モザイクがかかりました

スポンサーリンク

モザイクをあとから編集するなら

ちなみにモザイクをかける前に、画像を「スマートフィルター用に変換」しておくと、あとからモザイクの編集ができるようになります。

スマートフィルターは、選択範囲が決まったあとに次の手順で適用します。

1.モザイクをかけたい範囲を決定します。

モザイクをかけたい範囲

 

2.画面上部のメニューから「フィルター」→「スマートフィルター用に変換」を選択します。

「フィルター」

「スマートフィルター用に変換」

これでスマートフィルターが適用されます。

 

3.画面上部のメニューから「フィルター」→「ピクセレート」→「モザイク」を選択します。

「フィルター」

「ピクセレート」→「モザイク」

 

これでモザイクがかかります。

モザイクが適用

 

スマートフィルターを適用すると、レイヤーパネルでモザイクのON/OFFや編集ができるようになります。

スマートフィルター

目のマークを非表示にすると、モザイクがOFFになります。また、「モザイク」のところをダブルクリックすると、モザイクの度合いを自由に調整することができます。

スマートフィルターについてはこちらの記事でくわしく解説しています。

【Photoshop】モザイク処理はスマートフィルターを使うと便利です
Photoshopで写真や画像を編集する際に、モザイクは便利な機能です。 画像の文字を隠したり、写真で人の顔を隠すといったときによく使われますね。 ……が、このモザイク処理、画像に直接かけると、あ...

今回の方法は何が便利なのか

さて、今回紹介した方法は何が便利なのかという点についてまとめてみます。

モザイクをかける形状を完全にコントロールできる

まず便利な点の1点目は「モザイクをかける範囲や形状を完全にコントロールできる」という点です。

モザイクをかける範囲や形状を完全にコントロールできる

今回の例ではアバウトに塗っていますが、塗ったところは加筆したり消しゴムを使ったりできるので、複雑な形にすることもできます。

ですので「微妙な形状だけど、この部分だけモザイクをかけたい」といったこともやりやすいんですね。

図形ツールを使う場合も同様です。変形や拡大縮小ができるので、選択範囲の調整がとてもかんたんにできます。

選択範囲を何度でも使える

そしてこの方法のさらなるメリットは、ブラシツールや図形ツールで塗ったレイヤーを残しておけば、あとから何度でも使えるという点です。

選択範囲を何度でも使える

今回の例でいえば「レイヤー1」を保存しておけば、後日作業するときも同じ選択範囲を適用できるんですね。

この方法を使うと、たとえば今日、この画像にモザイクをかけたとして

選択範囲を何度でも使える サンプル1

 

後日、別の画像に、全く同じ位置と度合いでモザイクをかけることができます

選択範囲を何度でも使える サンプル2

そう、複数の画像の同じ場所にモザイクをかける作業を一気にやらなくてもよくなるんですね。

今回の方法は「選択範囲のもと」となるレイヤーを残しておけるのでとても便利です。

今回の記事で使用したツール

今回の記事で使用したツールは次の通りです。

【Photoshop】

【Affinity Designer】

Affinity Designer – プロフェッショナル向けのグラフィックデザインソフトウェア
Windows、Mac、iPadで使えるAffinity Designerは、デザインの世界に新たな業界標準を打ち立てた、受賞歴のあるベクターグラフィックスソフトウェアです。

サンプルイラストの作成に使いました。Adobeのillustratorに近い機能を持つグラフィックツールです。買い切りで使えるのでとても便利です。

タイトルとURLをコピーしました