【Photoshop】でチェック柄を作る方法│チェックのパターン

Photoshop

Photoshopでチェック柄を作る方法を紹介します。

Photoshopでチェック柄のパターンを作る

均一なチェック柄ができますので、いろいろな場面で使えるかと思います。

 

背景に色を入れたり、

Photoshopでチェック柄のパターン 背景にカラー

 

全体の色合いを変えたりもできます。

Photoshopでチェック柄のパターン 色の変更

 

チェック柄を1つ作っておけば、背景などにも使えて便利ですよ。

Photoshopでチェック柄のパターン 作例

というわけで、さっそく作り方です。

チェック柄の作り方

もとになる柄をつくる

1.新規作成で、100×100pxのキャンバスをつくります。

新規キャンバスの作成

 

2.新規レイヤーを作成します。

新規レイヤー

 

3.「表示」から「新規ガイド」を選択します。

新規ガイドを選択

 

4.「垂直方向」にチェックを入れ、位置に「50px」と入力します。

垂直方向にガイド線

 

画面の真ん中にガイド線が入りました。

ガイド線が表示されました

 

5.再び「新規ガイド」を選択します。

新規ガイドを選択

 

6.今度は「水平方向」にチェックを入れて、位置に「50px」と入力します。

水平方向にガイド線

 

横方向のガイド線が入りました。これを目安にして、もとになる柄を作っていきます。

ガイド線

 

7.ツールバーにある選択ツールをクリックし、「長方形ツール」を選びます。

長方形ツール

 

8.マウスをドラッグして、左上の四角を選択します。

選択

 

9.つづいて、SHIFTを押しながら右下の四角を選択します。

複数を選択する

 

これで左上と右下の四角を選択できました。

2つ選択できました

 

8.「編集」から「塗りつぶし」を選択します。

塗りつぶし

 

9.内容の「カラー」を選択します。

カラーを選択

 

カラーピッカーが開きますので、好きな色を選んで「OK」をクリックします。

任意の色を選択

 

すると、先ほど選択したところが塗りつぶされます。

塗りつぶしができました

 

9.「選択範囲」から「選択を解除」をクリックします。

選択を解除

 

これで、もととなる柄ができました。

もととなる柄が完成

つづいて、この柄を「パターン」に登録して使えるようにします。

パターンに登録する

1.レイヤーパレットの「背景」の横のチェックをはずします

背景を非表示

 

すると、背景が非表示になります。

背景が非表示になった状態

 

2.「編集」から「パターンを定義」をクリックします。

パターンを定義

 

3.パターン名を入力します。好きな名前でOKです。今回は「チェック柄」と名づけてみます。

パターン名の入力

名前を入れたら「OK」をクリックで登録完了です。

さっそく使ってみましょう。

スポンサーリンク

チェック柄のパターンの使い方

1.新規キャンバスをつくります。

新規作成

 

2.新規レイヤーを作成します。

新規レイヤーを作成

 

3.「編集」から「塗りつぶし」を選択します。

塗りつぶし

 

4.内容を「パターン」にし、カスタムパターンの横のタブをクリックします。

パターンを選択

 

5.先ほど登録したパターンを選択し、「OK」をクリックします。

カスタムパターンで塗りつぶし

 

キャンバスがチェック柄のパターンで塗りつぶされました。

チェック柄のパターンで塗りつぶされました

いろいろな使い方

チェック柄は背景が白のままでも面白いですが、背景に色をつけるとまた違った雰囲気になります。

背景に色

 

また、「イメージ」→「色調補正」から「色相・彩度」にすすむと色の変更ができます。

色相・彩度

 

スライダーを動かすと色合いが変わっていきます。

スライダーで色の変更

 

背景とチェック柄、それぞれのレイヤーの色を変更するとまとまりがでます。

チェック柄の色が変わりました

 

チェック柄が1つあると、いろいろな遊び方ができます。ぜひためしてみてくださいね。

ロゴを入れて遊んでもたのしいです

おしまいに

今回はPhotoshopでチェック柄を作る方法でした。よかったら参考にしてみてくださいね。