【Photoshop】ソーシャルゲーム風のボタンを作ってみよう

Photoshop

Photoshopを使って、スマホゲームやソーシャルゲーム風のボタンを作ってみます。

「今すぐ登録」みたいな感じで使われているボタンですね。

【Photoshop】ソーシャルゲーム風のボタンを作ってみよう

簡単にできますので、よかったら参考にしてみてください。

ソーシャルゲーム風ボタンの作り方

今すぐ登録ボタン

ベースとなる円を作る

1.新規カンバスを作成します。

新規カンバスを作成

 

2.ツールバーから「楕円形ツール」を選択します。

楕円形ツールを選択

 

3.カンバス上をクリックすると「楕円を作成」というウインドウが出ます。ここでボタンにする円の大きさを決めます。

楕円を作成

「幅」と「高さ」を同じ数字にすると正円になります。今回はどちらも150pxにしてみます。

 

4.赤で囲んだ部分をクリックすると、カラーパレットが開き、円の色を決めることができます。

円のカラーを決定

 

ここでボタンのベースに使う色を選択します。

カラーの選択

 

5.今回はピンクにしてみました。これでベースとなる円ができました。

円ができました

この円に様々な効果を追加して、ボタンらしくしていきます。

輪郭に線をつける

1.レイヤーパレットで、今作った円の入ったレイヤーを選択します。

楕円のレイヤーを選択

 

2.レイヤーパレットの下にある「レイヤースタイルを追加」をクリックします。

レイヤースタイルを追加

 

3.メニューが開きますので「境界線」をクリックします。

境界線を選択

 

4.まずは円のまわりに、濃いめの輪郭線を入れます。

境界線の設定

「カラー」で濃いめの色を選び、「サイズ」で輪郭線の太さを決めます。

 

輪郭が入るとこのような状態になります。

円の輪郭が入りました

 

5.つづいて、外側に金属っぽい輪郭を入れます。「境界線」の横にある「+」をクリックすると、「境界線」の項目を増やすことができます。

境界線の追加

この作業を行うと、輪郭の外側にさらに新しい輪郭をつくることができます。二重、三重の輪郭線もこれでできるというわけですね。


同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

金属のような輪郭線をつける

1.「サイズ」を太めにし、「塗りタイプ」を「グラデーション」にします。

境界線の設定

「塗りつぶしタイプ」の下にある「グラデーション」をクリックすると、色の設定ができます。

 

2.今回はこのように設定してみました。

グラデーションの設定

中央に「茶色」を入れ、その両側に「黄色」を入れ、バーの両端を「白」にしています。

 

すると、こんな感じになります。

 

グラデーションは、入れる色やスライダの位置によって見映えが変わります。また、「角度」を変更すると、グラデーションの入る角度が変わります。

グラデーションの角度の変更

お好みに合わせて、いろいろと調整してみてください。

 

3.外側に「白」と「黄色」の輪郭を入れます。先ほどと同じ要領で「境界線」の項目を増やし、次のように入力します。

【白の輪郭】

白の輪郭の設定

 

【黄色の輪郭】

黄色の輪郭の設定

 

すると、こんな感じで仕上がります。

輪郭線が入りました

つづいて、ボタンに光沢を入れていきます。

ボタンに光沢をつける

ここでは、ボタンの上部に光っているところをつくってみます。

ボタンに光沢を入れた状態

ブラシで白を塗ってもいいのですが、今回は図形を楕円を重ねてつくってみます。

 

1.ツールバーから「楕円形ツール」を選択します。

楕円形ツールを選択

 

2.カンバス上をクリックすると「楕円を作成」というウインドウが出ます。最初に作った円より「幅」は少し小さめで「高さ」は半分ほどの円を作ります。

楕円を作成

 

色は「グラデーション」を選択します。

グラデーションを選択

 

3.グラデーションの色を設定します。いちばん濃い色(終了点)を、ボタンと同じ色になるようにします。薄いほうは白色にします。

グラデーションの設定

いちばん濃い色(終了点)のスライダを右に移動させて、白い部分を少なくすると、まわりとなじみやすくなります。

 

4.先ほど作ったボタンに重ねます。

ボタンに重ねた状態

 

5.レイヤーパレットの赤で囲んだ部分をクリックすると、グラデーションの調整ができます。

グラデーションの調整

 

まわりの色となじんだら完成です。

まわりの色となじませた状態


りっく☆じあ~す - 『陸自娘(りくむす)』達の司令官となり、脅威に立ち向かえ!

使用例・応用方法

ボタンができたら文字を入れてみましょう。

文字を入れてボタンの完成

ボタンに効果をつける

「レイヤースタイルの追加」で、「光彩(内側)」の効果を入れても面白い雰囲気になります。

光沢(内側)を入れた状態

 

上の画像はこんな感じで設定しています。

光沢(内側)の設定

キラキラを入れる

ボタンにキラキラを入れても面白い味が出ます。

キラキラを入れたアレンジ

キラキラの作り方はこちらの記事でくわしく解説しています。

【とっても簡単】Photoshopでキラキラを作る方法【星模様】
Photoshopでキラキラを作る方法を紹介します。 こんな感じのキラキラした星模様をつくって、画面を彩ってみます。 シンプルですが、星模様があるといろいろと遊べます。今回はイラストに使ってい...

おしまいに

今回は、Photoshopでスマホゲームやソーシャルゲーム風のボタンを作る方法でした。

ちなみに、記事内の女の子のイラストは、「ジュエルセイバーFREE(http://www.jewel-s.jp/)」のものを使っています。

ボタンのグラデーションは設定を少し変えるだけでも、ガラッと雰囲気が変わります。興味のある方は、いろいろとためしてみてくださいね。