ただいまの人気記事はこれ!TOP15を公開中

【Photoshop】イラストやオブジェクトに文字をからめる方法【かんたん】

Photoshop

Photoshopで、イラストに文字をからめる方法を紹介します。

この方法を使うと、文字の一部分がイラストの前にあったり後ろにあったりするレイアウトが簡単にできます。

【Photoshop】イラストやオブジェクトに文字をからめる

文字が前後にある

このように、オブジェクトに文字をからめるとユニークな雰囲気になります。

簡単にできますので、よかったら参考にしてみてください。

今回の作例はイラストを使っていますが、写真でも同じようにできます。

オブジェクトに文字をからめる方法

文字の位置を決める

1.背景を透過させたイラストを用意します。JPEGでも透過PNGでもOKです。

イラスト(オブジェクト)を用意

 

2.新規カンバスを開き、イラストを配置します。

新規カンバスにオブジェクトを配置

 

3.ツールバーから文字ツールを選択します。

文字ツール

 

4.イラストの上に文字を入れます。ここでは「ら」にしてみました。

文字を重ねます

文字はキャラクター(オブジェクト)にからむように配置すると、面白い雰囲気が出ます。

 

5.つづいて、文字をキャラクターの後ろに移動させます。文字を入れたレイヤーを左クリックしたまま、イラストのレイヤーの下に移動させます。

レイヤーの移動

 

このようになればOKです。

レイヤーの順序が変わりました

 

すると、文字がイラストの後ろに表示されるようになります。

文字が後ろに行きました

これで準備は完了です。

つづいて、文字がキャラクターの前面にかぶる部分を作ります。

文字がかぶる部分を作る

1.文字を入れたレイヤーを右クリックして、メニューを出します。

文字レイヤーを選択

 

2.「レイヤーを複製」をクリックします。

レイヤーを複製

 

レイヤーが複製されました。

レイヤーが複製されました

 

3.複製したレイヤーを左クリックしたまま、イラストのレイヤーの上に持っていきます。

レイヤーの順序を変える

 

このようになればOKです。

レイヤーの順序が変わりました

 

同じ文字なのでわかりにくいですが、イラストを「ら」の文字でサンドイッチした状態になっています。

文字でオブジェクトをサンドイッチにした状態

これでベースができました。ここから、キャラクターがみえる部分をつくっていきます。

スポンサーリンク

オブジェクトを前面に出す

1.いちばん上にある文字レイヤーを選択します。

文字レイヤーを選択

 

2.ツールバーから「消しゴムツール」を選択します。

消しゴムツールを選択

 

3.カンバスのどこでもいいのでクリックします。

カンバス上をクリック

 

4.「ラスタライズしますか?」というダイアログが出ますので「OK」をクリックします。

ラスタライスをしますか

これで消しゴムツールが使えるようになりました。

 

5.イラストを見せたい部分をドラッグすると、その部分の文字が消えてイラストがみえるようになります。

消しゴムツール

 

上半身がみえるようになりました。

消しゴムツールを適用

要は、いちばん上にある文字レイヤーを選択しているので、イラストの上に重なっている文字のみを消せるわけですね。

文字レイヤーを選択

選択していないレイヤーは消えないので、イラストや後ろの文字はそのままです。ですので、アバウトに消してもイラストの輪郭がきっちりと出ます。

 

そして、わざと消さないところをつくると、文字の一部が前にあるようにみえます。

イラスト(オブジェクト)と文字がからみました

 

どこを消すかによって雰囲気が変わります。いろいろと遊んでみてください。

イラスト(オブジェクト)の前後に文字がある

【Photoshop】イラストやオブジェクトに文字をからめる 作例

あやまって消してしまった時は

「消しゴムツール」を使っていると、消すつもりがないところまで消してしまうことがあります。

その場合は、ツールバーの「ウインドウ」から「ヒストリ」を表示しておくと便利です。

ヒストリー

 

「ヒストリー」には作業の履歴が表示されます。履歴をクリックすると、その工程に戻ることができます。

ヒストリーを使うと前の作業に戻れます

 

また、ちょっとしたところなら、「ツールバー」から「ブラシツール」を選択して、同じ色で塗ってもOKです。

ブラシツール

おしまいに

今回はPhotoshopでイラスト(オブジェクト)に文字をからませる方法を紹介しました。

この方法を使うと、文字を選ぶのもたのしくなりますね。

よかったら参考にしてみてくださいね。