ただいまの人気記事はこれ!TOP15を公開中

【Photoshop】ゴールド(金色)っぽい文字を作る方法【ゲーム風】

Photoshop

Photoshopでゴールド(金色)っぽい文字を作る方法を紹介します。

Photoshopでゴールド感のある文字を作る方法

 

今回は、文字の中にふくらみのない「フラットタイプ」を作り

 ゴールドっぽい文字

 

そのあとに、ふくらみのある「ゴージャスタイプ」をつくってみます。

Photoshop 金色の文字

簡単にできますので、よかったら参考にしてみてくださいね。

フラットタイプの作り方

まずはフラットタイプを作ってみます。

Photoshop 金色の文字 フラットタイプ

こちらは「ゴージャスタイプ」と比べて装飾が控えめで、どのフォントにもなじみやすいのが特長です。画数の多い文字でも違和感なく使えるかと思います。

作り方

1.新規カンバスを作成します。

新規カンバスを作成

 

2.どの色でもいいので、好きな文字を入れます。

文字を入れます

 

3.レイヤーパネルで、文字を入れたレイヤーをダブルクリックします。

レイヤーをダブルクリック

 

4.レイヤースタイルのウインドウが開きますので「境界線」をクリックして、次のように設定します。

境界線の設定

「サイズ」は文字のまわりに入る輪郭線の太さです。文字の大きさによって任意の数字を入れてください。

「カラー」は輪郭線の色です。「位置」は「外側」を選択します。

 

すると、このような感じで文字に輪郭線が入ります。

輪郭線が入りました

 

5.つづいて、文字にグラデーションをかけます。「グラデーションオーバーレイ」を選択し、カラーバーをクリックします。

グラデーションオーバーレイの設定

 

6.バーが表示されたら、両端の□をそれぞれクリックして、色を設定します。

グラデーションの設定

どちらも「#FFF167」に設定します。

 

7.つづいて、バーの下の赤で囲んだあたりをクリックします。

グラデーションの中間色を入れる

これでグラデーションの中間の色を設定できるようになります。「位置」を65%にし、色を白(#FFFFFF)にします。

 

すると、このような感じで文字にグラデーションがかかります。

色が入りました

 

8.同じ要領で、グラデーションの間の色を増やしていきます。

グラデーションのカラーをふやす

ここでは次のように設定しています。

1・「位置」15%、カラー「#FFF167」

2・「位置」35%、カラー「#C49C23」

3・「位置」75%、カラー「#EEC263」

4・「位置」85%、カラー「#FFFBB5」

 

すると、このようにグラデーションがかかります。だんだん雰囲気が出てきました。

多段グラデーションができました

 

9.つづいて、文字の中に光彩を入れます。「光彩(内側)」を選択し、次のように設定します。

光彩(内側)

 

これで輪郭線の内側に光彩が入りました。

金色の文字 Photoshop

 

10.つづいて、色に少しパンチを効かせます。「サテン」を選択し、次のように設定します。

サテンの設定

「描画モード」をオーバーレイにし、「不透明度」「角度」「距離」「サイズ」をそれぞれ設定します。

 

先ほどよりも文字のカラーが強くなりました。

文字にサテンの効果

これでベースは完成です。

使い方・応用方法

完成した文字はそのままでも使えますが、外側に光彩を入れたりキラキラと組み合わせると、よりゴールドっぽい雰囲気になります。

 

外側の光彩は「レイヤースタイル」の「光彩(外側)」から設定できます。

光彩(外側)の設定

「スプレッド」「サイズ」「範囲」をいじると、光彩の濃さや広がり方、ボケ具合が変わっていきます。

 

上のように設定すると、このように文字のまわりが光ったような感じになります。

文字の周りに光沢

 

キラキラを加えると、より光った感じを演出することができます。

キラキラを加える

キラキラの作り方はこちらの記事でくわしく解説しています。

【とっても簡単】Photoshopでキラキラを作る方法【星模様】
Photoshopでキラキラを作る方法を紹介します。 こんな感じのキラキラした星模様をつくって、画面を彩ってみます。 シンプルですが、星模様があるといろいろと遊べます。今回はイラストに使ってい...

ゴージャスタイプにする方法

上で作ったフラットタイプに少し手を加えると、ゴージャスタイプになります。

金色の文字 ゴージャスタイプ

ゴージャスにする手順

1.レイヤースタイルの「ベベルとエンボス」を選択し、次のように設定します。

ベベルとエンボスの設定

各項目の設定内容です。

  • スタイル「ベベル(内側)
  • テクニック「ジゼルハード
  • 深さ「115%」
  • 方向「上へ
  • サイズ「7px」
  • ソフト「1px」
  • 光沢輪郭「半円
  • ハイライトのモード「スクリーン
  • シャドウのモード「乗算
  • ハイライトとシャドウの不透明度「75%」

太字の部分は必須の設定です。数値のところは、文字のサイズや雰囲気をみながらいじってみてください。不透明度はお好みで設定してみてください。

 

2.つづいて「輪郭」を選択し、次のように設定します。

輪郭の設定

「輪郭」を「円錐・反転」に、「範囲」を75%にします。

 

すると、このように文字にふくらみが入り、ゴージャスな雰囲気になります。

ゴージャスな金色の文字ができました

しっくり来ないときの調整方法

ゴージャスタイプは「ベベルとエンボス」「輪郭」の各数値をいじると、かなり雰囲気が変わります。

今回の設定は、なるべく多くのフォントに合うように調整していますが、字体によっては「しっくりこないなあ」ということもあるかと思います。

その場合は「ベベルとエンボス」の「深さ」と「サイズ」の数値をいじってみてください。

おしまいに

今回は、Photoshopでゴールド感のある文字を作る方法でした。

ちなみに記事内の女の子のイラストは「ジュエルセイバーFREE(http://www.jewel-s.jp/)」のものを使っています。

ゴールド感のある文字はいろいろと使えるかと思います。よかったら参考にしてみてくださいね。

リアルなゴールド文字を作りたい方はこちらの記事もおすすめです。

【ロゴやテロップに使える】Photoshopでゴールド(金色)の文字を作る方法
今回はPhotoshopでゴールド(金色)の文字を作る方法をお届けします。 この方法を使うと、いろいろなタイプの金色の文字ができます。 ゴールドの文字は、ロゴやテロップなどいろいろな場面で使え...